レク

0

再度谷見所探訪。諏訪神社から修法ヶ原池へ登り、北野町へ下る。

2016年4月16日土曜日。正午を前に曇空から晴天に変わる。サイト制作にあたって必要な素材となる稲荷茶屋周辺の見所ポイントを撮影するため山に行く。アシスタントというか、ちょいアドバイスも欲しいので妻に同行をお願いする。「今日はしんどいところもないよ」ってことで了承を得た。異人館通りを西へ進む。


諏訪神社の鳥居をくぐって進む。境内まで200mのしんどい坂を登る。今日はあちぃね。


坂道途中から右手の道に入って金星台に立ち寄る。「金星観測記念碑」。この上には海軍営之碑がある。右手から登って行く。


登って諏訪神社。神社の左奥から大師道を進む。


少し手前で左手にグランドがあるんだけど、今日はソフトボールの練習試合が行われていたようす。元気な掛け声が耳に入る。青春だなぁ。進んでフェンスの回廊を抜けていく。少し先で神戸駅方面へ眺望が開ける。


大師道を進んで再度砂防ダムあたり。左手対岸には稲荷茶屋がある。お昼時だけどご挨拶をし「後ほど来ますね!」と伝える。さて進む。


神戸ヒヨコ登山会の会館跡地がある地点を過ぎ、無名橋を渡る。この周辺は再度谷でも一番荒れている場所。対岸に「整理整頓」と書かれた看板があるんだけどシュールだなぁと思う。


猩々滝を過ぎて猩々池。別名は鯛池。できた当初は深さ24m、南北117m、東西68mあったという話。かなり深かったんだなぁ。現在は埋まっている。稲荷茶屋からここまで約25分です。


猩々池から舗装路をしばらく歩く。前方に鯰学舎などが見えるあたりから右手の階段に入り、善助茶屋跡に向かう。気持ち良い静かな道を登って行く。


毎日登山発祥の地。何度か記帳してみたことがある。どんな姿だったのかな、かつての姿を知りたい。この右手先には「シーダーカテジ跡」がある。KWS神戸徒歩会の休憩所。割りと小さなスペースだ。さらに進むと大龍寺の境内に続く階段道(分岐有り)となる。


長めの階段を登って行く。途中の踊り場?から右に進むと猫がいっぱいいる場所がある。今日は先の階段をさらに登って行く。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  2. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…
  3. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  4. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  5. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。

ナレッジ記事

  1. 布引貯水池管理橋の先にある謎のレンガ造りの建物について。
  2. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  3. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  4. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  5. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…

ピックアップ記事

  1. 住吉道から一部離れて川を溯行。本庄橋手前、森林管理道分岐から…
  2. 鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。
  3. 坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山…
  4. 黒五滝から黒五山を登る。北黒五山を経て黒五谷から岡本まで。道…
  5. 布引谷ルンゼの先で昭和初期の念仏碑に出会う。
  1. 摩耶

    楽生公園から上野道経由で掬星台。桜谷を下り、徳川道を経て摩耶別山へ登り返す。
  2. 長峰

    六甲川遡行。大土神社脇から入渓、都賀谷上流右俣から丁字ヶ辻まで登り詰める。
  3. 摩耶

    二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  4. 裏六甲

    裏紅葉谷 七曲滝の向こう側を見に。裏紅葉谷第二砂防ダムから左俣で詰める。
  5. 布引・北野

    北野谷から布引貯水池周遊。貯水池西にある奥サブ谷から浅間ヶ丘道まで歩く。
PAGE TOP