長峰

, , , 2

日柳川右岸支流の三又谷を登る。

2017年9月30日 土曜日。8:00起床。午前中はハゲ薬→ヒゲ脱毛→コンタクト購入というクリニック巡り。今日は日柳川の支流に行ってみることにした。家を出たのは12:30過ぎ。
神戸市バス2系統篠原本町2丁目で下車。そこから西へ数メートル進んで北へ上がる。道路沿いの側溝が日柳川の下流域。住所で言うと灘区篠原北町。


篠原北町を北上してきた。日柳川本流が北東、六甲学院方面へ向かい始めるところから支流に入る。ここは住所で言うと川を挟んで住宅側が「灘区篠原小屋場山」、山側が「灘区篠原シル谷」。う〜ん、しかしこんなところを歩くのはどうなんだ…入渓。数メートル先で直角に曲がる。


住宅街の脇を抜けると少々藪が濃くてゲンナリ。一旦舗装路に出て再び入渓。左岸には謎の構造物が。谷中はゴミゴミしている。進んだ先にはフルフェイスのヘルメットなどもあった。


底抜けの石積谷止を左から越える。すぐにコンクリ谷止があり、それもまた左から越える。


コンクリ谷止の上流側の堆砂地は広くなっていて、右にある住宅の方も下ってきているようす。そこは以前、かき氷を頂いたお宅だ。このすぐ北側には通路があって、写真の位置から少し進んだ左奥にある尾根への取付きになっている。


次のコンクリ谷止。プラ製のホワイトベンチが2脚。ここは右から越える。


進むと滝が現れた。おそらくこれが「たきび」で記されている滝かと思う。引用すると、

薮の中をどんどん昇って行くと、滝といふ程でもないが滝が三段になつてゐる。三段合すと五 六米あろう。其処は可成り登り難い。


中段には倒木が根を張っている。中段と上段には堰があって、取水している(いた)ようす。そこから進むとまた荒れた一帯になっている。

小滝、堰、日柳川第2号堰堤と続く。堰堤を左から越えて進むと次の堰堤が控えていた。


その次の堰堤がこれ。先を見るとさらにデカイ堰堤が控えている。どうやらこれは副堰堤。水叩きになっている。


主堰堤はH20年3月完成の日柳川堰堤。表の間詰めの段が腰以上の高さがあって面倒。しかし、こうして足場には苦労しない感じ。


堰堤の上流側には太いパイプ。これは本流側にも見られるタイプのものだ。ここまでの感じから本流に比べ、この支流の方がより取水用に利用されていたと思われる。さて、上流へ向けて進んでいく。

ページ:

1

2 3

コメント

    • 山道正男
    • 2017年 10月 01日

    同じ日に同じ場所を歩いていたようですね。時間が4〜5時間違いますが。
    私は天狗塚から西へ向かい関電14番鉄塔尾根を下って、杣谷から寒谷北尾根、
    そして摩耶山から摩耶東谷に行きました。

    • 山道さん こんばんは!

      なかなかマニアックな道順ですね。しかもパワフルな行程。
      健脚ぶりに恐れ入ります。
      しっかりした装備で行かれているご様子。
      装備の類はもちろん、もう少し早く出る癖をつけねばと常々思っておりますが
      なかなか実行できておらず…。写真を見て学ばせていただきます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  2. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  3. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  4. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  5. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  2. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。
  3. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  4. 菊水山周辺についての下調べ。
  5. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…

ピックアップ記事

  1. 岩屋瀧上流 婆谷(ばばだに)を登る。婆谷第二砂防堰堤はいつで…
  2. 日本の秘境100選No.064 瀞川渓谷をゆく。兵庫県美方郡…
  3. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  4. 岡本 大谷川(西天上谷)遡行。新池を経て打越山まで。
  5. 長峰山北面の谷。西谷の6m滝手前から支流に入って長峰山天狗塚…
  1. 須磨・長田・兵庫

    横尾から須磨アルプス。展望ピークから下って天井川。栂尾山へ登り返して文太郎道。
  2. 住吉・芦屋

    廃道一ヶ谷道を歩いてみる。六甲ケーブル下駅から山上駅まで。
  3. 住吉・芦屋

    黒五滝から黒五山を登る。北黒五山を経て黒五谷から岡本まで。道中謎の水平道。
  4. 住吉・芦屋

    西滝ヶ谷右俣から西お多福山。周遊歩道を西へ下って水晶谷から極楽渓岩塔状バットレス…
  5. 裏六甲

    花山地獄谷東尾根を登って黒岩を探索後、摩耶山まで歩く。
PAGE TOP