摩耶

0

新神戸からシェール道へ。標高700m弱を4時間かけてゆっくり登る。


16:29 やっと本題。左奥シェール道へ進む。(右奥は徳川道、右手には桜谷東尾根道がある。)ところでシェールさんの経緯についてはよく知らない。綴りもよくわからない。また調べておこう。面白い発見があるかも。シェール道に入ってすぐの渡渉地点。その先左手に…

神戸市水道局の摩耶ポンプ場跡がある。フェンスで囲まれているんだけど、この左手の門柱際のフェンスは倒木によりなぎ倒されている。施設内にはバケツや栄養ドリンクの瓶が転がっていた。


進んで次の渡渉地点。なんてことはなさそうに見えるけど、妻は意外に苦労していた。

小さな支沢を渡渉。どうもこの左奥から滝の音が聞こえるので、左奥へ進んでみた。

こんなのもあったんだなぁ。多分この先はなんてことのない谷筋だと思う。またいつか。

これはタカサゴユリだろうか。山道脇に可憐に一輪だけ咲いていた。

進んでわずかながら渡渉。この右手に生田川が流れる。勢いのある瀬音が聞こえてきたので、沢に下りてみる。

ミニゴルジュと小滝。にしてもこの水質。匂いも気になる。キレイなら癒やされただろうなぁ。右岸を進んでみる。水質が良いなら遡行してみたいところだけど。どうにも…。シェール道に復帰すべく左へ進む。

流されたであろう木橋があった。これはどこに架けられていたのかな。


上流側に進んでしっかりした木橋を渡る。


次の木橋を渡る。ここから八州嶺第三堰堤の巻き道となる。道中唯一のきつい登りの箇所。


ダムを巻いて下っていくとマムシ谷出合い。以前の台風により道が流され渡りづらい。左手前奥マムシ谷に数メートル入って渡る。


手前で二つ渡渉して、左手六甲山牧場方面から流れ込む支沢の渡渉地点。この先であっけなく、いきなりシェール道は終わり、林道歩きとなる。

1

2

3

神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92・91・89・87 県立美術館を起点に青谷道、東山、学校林道を経て掬星台。前のページ

神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から極楽谷を経て平野に下る。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  2. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…
  3. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  4. 神戸市境界石No.78 再度山山頂の北側にて。蛇ヶ谷右岸から…
  5. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  2. 山に行けないので、家に篭って本を読む。関西周辺の谷、生と死の…
  3. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…
  4. 神戸市背山路圖【KOBE HILL MAP】シリーズをやって…
  5. 菊水山周辺についての下調べ。

ピックアップ記事

  1. 敏馬神社から島田道を経て摩耶ケーブル下。摩耶東谷を下って深谷…
  2. 防火線尾根の現在。平野西尾根展望道(天王谷東尾根)を改めて歩…
  3. 花山地獄谷東尾根を登って黒岩を探索後、摩耶山まで歩く。
  4. 苧川西谷西道はやはり廃道か。
  5. 布引谷ルンゼの先で昭和初期の念仏碑に出会う。
  1. 長峰

    昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲小槍を登る。
  2. 住吉・芦屋

    寒天山道東の崩落斜面を見に行く。
  3. 裏六甲

    射場山周辺の谷と尾根。岩稜尾根に行こうと思ったら間違えたの巻。
  4. 摩耶

    木ノ袋谷 右岸支沢を登って寒谷北尾根608ピークを経て掬星台に至る。
  5. 菊水・鍋蓋・再度

    三森谷東尾根から再度谷の無名支流を下って大滝に出会う。
PAGE TOP