摩耶

, , 2

木ノ袋谷。木ノ袋滝の奥でゴルジュと滝群に出会う。

2016年5月22日 日曜日。10:29起床。割りと早めに起きれたか。二日酔い…。毎日二日酔いだ…。木ノ袋谷の源頭部に光を…その素敵な響きに誘われて、今日こそは木ノ袋谷へ行く。


12:32 神戸市バス2系統「五毛」で下車して坂道を登る。しんどい。先をゆく坂バスに乗れば多少は端折れるけど、歩いていこう。永峰堰堤まで来た。この手前の左手フェンス内にトンネルっぽいものがあったけど、あれはなんだろう…。さて、杣谷道を進む。

摩耶砂防ダムはいつ見ても涼しげだなぁ。一息入れて、しんどい巻き道を登る。


道の脇にはコアジサイが咲いていた。もうじき梅雨なんだなぁ。ほのかな香りに癒やされる。少し先、岩ヶ谷へ向かうときに下りる河原の対岸に山寺尾根の肩に至るであろうルンゼがあった。また行ってみよう。


しばらく進んで渡渉地点の向かいに階段。この左手にあるのが木ノ袋谷。左奥へ進む。


13:28入渓。谷に入るとすぐにダムがある。以前の印象ではただただダムが多い谷という印象だったんだけど…。右から越える。


ダムを越えて谷に戻ると右岸にルンゼ。これもまた行ってみたいところ。→本流を進む。


本流は岩屑の多いゴルジュ状。淡々と進む。進むとまたダムがある。右から越える。


ダムの袖から古タイヤに巻かれた怪しげなロープが垂れる。まだ現役のようす。頼らず飛び降りる。


堰堤上流に下りて再び右岸にルンゼ。これもまたいつか。っていつ行くのやら…。→本流へ。


手前でダムを1基越えて進んで奥で二俣。左俣には木ノ袋滝がある。(1年前は右俣へ行った。)


14:00 木ノ袋滝。12mくらい。ここからが本番だ。滝身右の溝を登れそうだけど…。上部で詰まりそうにも思う。安全に巻いていこう。

ページ:

1

2 3

コメント

    • 長峰大好き
    • 2016年 5月 23日

    いや〜素早い行動力と見事な踏破力!素晴らしいですね。堪能させていただきました。写真も実に綺麗!
    木の袋谷の左俣奥の遡行記録としては現時点で最も完璧ではないでしょうか。

    源流の水質を含む様々な情報もあえて伏せていました、ご免なさいです!でもこのブログのお陰で左俣奥の滝群に光明が与えられました

    最後の滑滝に進まずに左俣を選べばジャグジー方向ですがこちらにも違った趣の流れが…

    木の袋滝までのルンゼも個人的には好きで厳冬期を中心にくりかえし訪れているところもありますがMuscleTurtleさんならきっと別の展開が待っているような…

    釈迦に説法ですがどこも岩質脆く落石には十分ご注意下さい

    • 長峰大好きさん こんにちは!

      恐縮です。
      今まで行った六甲の谷筋と比較してけっこう困難でした。連続するチョックストーン滝が核心部ですかね。
      大きい滝の壁はいいとして、圧迫感満載の手前のチョックストーン滝…あれもう1回行ける気がしないです…。

      摩耶山東部はあまり行っておらず、面白さを発見させていただきありがとうございます。
      伏せていただいたからこそ、楽しみもありました。

      ルンゼなどは想像するに、どこも相当険しそうですね。「別の展開」が気になるところ。
      注意して行ってみようと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  2. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  3. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  4. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  5. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  2. 六甲山不法投棄とゴミ。神戸市環境局と六甲山美化協力会に問い合…
  3. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…
  4. 六甲山でのドローン撮影について神戸市に問い合わせた結果。
  5. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。

ピックアップ記事

  1. 廃道一ヶ谷道を歩いてみる。六甲ケーブル下駅から山上駅まで。
  2. 花山地獄谷東尾根を登って黒岩を探索後、摩耶山まで歩く。
  3. 灘区六甲山町南六甲の崩落斜面を見に行く。前ヶ辻谷上流右俣から…
  4. 裏六甲 中ノ谷を登りシュラインロードを下る。
  5. 青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。

姉妹ブログ

PAGE TOP