住吉・芦屋

, 0

芦屋川支流ミツガシ谷を登る。黒越谷東尾根を下り奥池へ。観音山から甲陽園まで。

2017年1月15日 日曜日。8:50起床。今日は曇りから雪という予報。昨年末に行きそびれたミツガシ谷(三ッ樫谷)に行くことにした。ミツガシ谷の最近の記録に関して、取付き点を探している方がいる程度でほとんどネットでは見られず。

「六甲北摂 ハイカーの徑 木藤精一郎著」によれば

芦屋川道の辯天岩から第二渡渉點を左岸に渡つて少し上方に水電用取水口がある。其右岸(西)の支谷がミツガシ谷であり、樹草の中の小徑を流れに沿ふて荒地山北部砂山中の憩場に適する凹地に上がるのであつたが水害後谷中も廣くなつたので谷中傳ひに溯行してから右側山の小徑を行く。取水口から七〇〇米ばかりである。
此ミツガシ谷から北方の次ぎの花原への谷道(花原道)までに頂上砂山から流のズレ谷があり、登るのは容易ではないが、降路とすれば左程危なほどもなく立滑りなどに興じつつ下れる。

また「六甲の谷と尾根 石上隆章著」によれば

芦有道路から見えている谷でミドリ橋北詰から五〇mあまりで西に堰堤を確認して芦屋川を渡り谷へ入る。堰堤は左側より高まく。水流は無く滝もないつまらない谷であるが藪は少ない。埋積した岩石の上を登ってゆけば水流が出てくる。あくまでも水流に従えば小道が現れたかと思うとすぐ荒地山新道である。

2017年1月現在。果たして行けるのやら…。


少々前置きが長くなった。芦屋川道を進む。少し先の芦屋川へ下っていく地点、正面にも踏み跡がある。そこを進めば少しだけ楽ができた。


迂遠なトラバース道を進んできて弁天岩の上。少しだけ風雪が強まってくる。この少し北側に弁天滝がある。昨年6mばかり落ちた滝。良い印象はないし、近づきたくもないけど…一応確認しておこう。


登ったルートが赤破線。抜けたかったのが白破線。黄破線は落下、6mほど。白丸にリングボルト。改めて見るとルート取りに無理があったように思う。ついでにCSを抜ける部分も見ておこう。


写真左の穴から抜けてくるようだ。左の壁にはリングボルトが2つ。三角木馬状の右は滝下へ落ちてしまう。う〜ん、こうして改めて見るとフリーで登るのは無謀だったなぁ。さてミツガシ谷を目指して進む。


芦屋川の左岸の道を進んで芦屋市水道部の取水堰堤らしき地点。これが「水電用取水口」だろうか。周辺はフェンスで囲まれていて芦屋川に下れない。北へ進んでみる。


奥山精道線カーブNo.3のところでフェンスが途切れる。ここから左手芦屋川に下る。


下った先は八幡谷出合い。奥上流が芦屋川本流。右岸に渡渉することにした。


一部滑りやすいところもあったり…へつったりしながらなんとか取水口まで下ってきた。この右手にあるのがミツガシ谷だ。

ページ:

1

2 3 4 5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  2. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  3. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  4. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  5. 神戸市境界石No.78 再度山山頂の北側にて。蛇ヶ谷右岸から…

ナレッジ記事

  1. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…
  2. 記録に残したかった「十王山光明寺 閻魔堂」。
  3. 国土地理院電子国土Webで登山ルートマップを作る。山行記録の…
  4. 神戸市立森林植物園の「正しい出入り」について問い合わせる。
  5. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…

ピックアップ記事

  1. 射場山周辺の谷と尾根。岩稜尾根に行こうと思ったら間違えたの巻…
  2. 新市ヶ原砂防ダム上流の支沢から高雄山へ。鶏鳴橋跡へ下り、世継…
  3. 西山谷の支流を登る。右俣を3本経由して天狗岩へ。
  4. 夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  5. トゥエンティクロス高雄山砂防ダム上流、河童橋奥の谷から黒岩尾…
  1. 摩耶

    二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  2. 裏六甲

    射場山周辺の谷と尾根。岩稜尾根に行こうと思ったら間違えたの巻。
  3. 布引・北野

    布引雄滝 五瀧不動尊の祠裏手から谷筋を登る。
  4. 住吉・芦屋

    西山谷の支流を登る。右俣を3本経由して天狗岩へ。
  5. 裏六甲

    鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。
PAGE TOP