摩耶

0

霧に煙る行者尾根を登り、山寺尾根を下る。ケルンの脇に謎の祠。


石段は滑るのが怖いし、渋滞もあるだろうからと山寺尾根で下ることにする。むかし、この先に熊注意看板があったらしいけど、熊が出没していたのかな?


急な丸太の階段を下ってきて道標。長峰堰堤まで2.3km。下った先にある昭和16年に造られた「永峰堰堤(長峰堰堤)」は誤表記なのかどうか…。この先の「通行止め」から先は行ったことがない。敢えて行く理由もないんだけど…。


山寺尾根道中。ポッカリ開ける地点。霧が晴れていっている。ロープウェーも運行中のようす。


進んでここ。踏み跡は左奥、谷筋に近づくように下っていく地点。地理院地図の破線道はこの先に続いているようなので、まっすぐ進んでみる。割りと踏み跡があるように思えるも…


すぐに、なかなかしんどそうな岩場に至る。ツルっといってしまいそう。右手から回りこんで下る。


下って行くと崩れたケルンに辿り着く。この右手には…


祠のような岩がある。手前の小さい岩には鳥居らしきものも刻まれている。中を覗くも何もなし。昔は何かしら祀られていたのかな?手前で緑鉄塔を通過して茶色鉄塔。奥には市街地。晴れてきているようだ。


ちょっと下ると平坦な場所があるんだけど、その上。何かしら敷地を示すような鋼板。これはなんだろう…。


周囲には顕著な岩があって、そこには鋼製のワイヤーなどもあった。そして足元にこれ。堰堤工事の中継点だか、飯場だったのかな?謎…。16:52 杣谷道と合流。右手に下って摩耶東谷をわたり永峰堰堤(長峰堰堤)へ至る。

永峰堰堤(長峰堰堤)下。昭和16年3月完成。そういえばこの堰堤の銘板を見たことがない。左岸にあるんだろうと思い、行ってみたけど藪に遮られた。これも謎。何回登っても謎が尽きない。
晴れ間が見えてきて天気は回復傾向。この時間から登れば違った景色が見られただろうに…と少し後悔。

1

2

山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使いたい。前のページ

鵯越駅からイヤガ谷東尾根を登り、君影町を経て星和台へ至る。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  2. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  3. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  4. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  5. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  2. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  3. 神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点につ…
  4. 【神戸100年 写真集】明治以降の山本通周辺の風景。
  5. 地蔵谷についての下調べ。

ピックアップ記事

  1. 青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。
  2. 鍋蓋地獄谷左俣を登る。山頂経由で小部隧道南谷(仮称)を下り大…
  3. 杣谷道支沢を登り寒谷南尾根から谷筋を下り寒谷滝。摩耶第四砂防…
  4. 猪ノ鼻滝上流右支、岩谷を登る。風呂ノ谷を下って有馬口まで。
  5. 岩ヶ谷右俣を最奥まで詰めてみる。ジェンガフォールとはこれいか…
  1. 摩耶

    摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
  2. 裏六甲

    仏谷を登って仏谷南尾根を下るという寄り道を経て、シラケ谷を登る。
  3. 裏六甲

    水無谷東尾根から灰形山。太陽と緑の道を下って有馬温泉。
  4. 摩耶

    地蔵谷の大滝左岸支谷から天狗道を経て黒岩尾根の支尾根を登り返す。
  5. 摩耶

    亀の滝第二砂防ダムの谷を登る。亀の滝もついでに見ておく。
PAGE TOP