裏六甲

, 0

裏六甲 中ノ谷を登りシュラインロードを下る。

2018年2月3日 土曜日。8:30起床。第13回ヒゲレーザー脱毛を済ませて山に行く。今日登るのは裏六甲は中ノ谷。マイナーな谷でネットで記録を見たのは1回くらいのもの。それも2008年の記録。現在はどうなっていることやら。


12:31 唐櫃台駅で下車し住宅街を抜ける。逢山峡の舗装路を延々歩いて茶園谷方面に入る。そこからナバ谷砂防ダムを右に見て、2基新設のダムを見送ってここ。仙人谷砂防ダムが左手に見える地点。この橋の下を流れている支流が中ノ谷。


右岸の上には車が通れるくらいの山仕事用の道があるものの橋の下から早速入渓。


振り返って見るとなかなか味のある造りの橋だった。


まぁなんとも地味なところを進んでいく。川の真ん中にある木が倒れている。ちょっと進むと正副2基の中ノ谷砂防ダムがあり左から越える。


副堰堤を越えると結局舗装路チックなところに出てしまった…主ダム出前の左手には虎柄テープが幹に巻きつけてある。尾根の取付きかな?


中ノ谷砂防ダムの上流へ進むとすぐに二俣になっている。流れに沿うようにまっすぐ進みそうになるもそこは支谷。本流は右から流れ込んでいる。左俣に立ち寄ってみるとなかなか良さ気。また行ってみたいと思う。


本流右俣へ入る。すぐ先で小さな泥の斜面があって、かつてとは流れが変わってしまったように見える。


両岸は植林されていてなんだか味気ない展開。またもや川の真ん中の木が倒れている。根が斜面にあって倒れ込んでいる木は良く見るけど、こういうのはあまり見ないなぁ。


谷を進むとこれまた正副2基の中ノ谷第二砂防ダム。右手の斜面はやや険しそうでここも左からまとめて越える。


ダムを越えたあたりから雪の量が増えてきた。なんとしてもずぶ濡れは避けたいので歩きやすいところを選んで進む。奥の方に流れを誘導すようなパイプ管があった。20年もすれば山のゴミになってしまいそう…。


さて顕著な二俣。六甲_摩耶_再度山路図では右俣になっていると思うんだけど、本流は左。もちろん左俣へ入っていく。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  2. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  3. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  4. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  5. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。

ナレッジ記事

  1. 廃道間近 命の道標「つうほうプレート ち 58-4」周辺につ…
  2. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…
  3. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。
  4. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  5. OSPREYバリアント37がリコール対象になる。2日後には新…

ピックアップ記事

  1. 裏六甲 中ノ谷を登りシュラインロードを下る。
  2. 日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
  3. 芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中…
  4. 水無谷東尾根から灰形山。太陽と緑の道を下って有馬温泉。
  5. 天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道…
  1. 布引・北野

    布引雄滝 五瀧不動尊の祠裏手から谷筋を登る。
  2. 須磨・長田・兵庫

    石井川上流 開ヶ谷を登る。ガーデンレストラン風舎から清水谷を下って謎の廃虚に出会…
  3. 住吉・芦屋

    住吉道から一部離れて川を溯行。本庄橋手前、森林管理道分岐から廃道田辺谷を登る。
  4. 住吉・芦屋

    坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山道で山上駅まで。
  5. 長峰

    岩ヶ谷右俣を最奥まで詰めてみる。ジェンガフォールとはこれいかに。
PAGE TOP