摩耶

0

霧に煙る行者尾根を登り、山寺尾根を下る。ケルンの脇に謎の祠。

2016年7月9日 土曜日。梅雨らしい天気。8:24起床。お昼前、二度寝から午前中の用事を済ませる。外は晴れる気配もないんだけど…やっぱり山に行くことにする。


14:11 神戸市バス2系統「青谷」で下車。わずかに西に進み、マル井パンから右手、路地を北に進む。


14:18 青谷道の入口。振り返って神戸高校の山岳部の面々。どうやらこれから登るようす。先に行く。青龍寺下の滝、九十九号石柱はないかと谷底に降りてみたけど、何も見つからず。周辺のどこかにあると思うんだけどなぁ。


そうこうしているとメンバーに追い越されてしまった。あとを追うかたち。


14:40 行者堂跡。山岳部のメンバーらに別れをつげ、左奥に進む。川沿いを進んでいくと天狗道→看板がある。九十九折に登ってきて奥へ進めば老婆谷、峠から左手行者尾根を登っていく。

14:54 核心部とも言える地点の手前。滑りやすく注意して進む。


振り返って写真を撮るもこんな感じ…。谷筋を見てすっきりしたいところなんだけど。


15:00 ケルンに至る。360°何も見えない。スカッとしたいところ…。


この岩の下で5分休憩。どうも最近、持久力というか、休まず登り続ける力がないように思う。こんな短い山行なのに…。15:23 すぐ先で天狗道出合い。掬星台へ向けて進む。


掬星台の手前、最後の石階段のこの岩がある地点。ここから右手50mばかり分け入ると…


マザーツリーがある。見事な枝っぷりで一枚に収まらない。。旧摩耶の大杉にも引けをとらない大杉。あまり有名でもなさそうなのが不思議なくらい。今度幹の周囲を測ってみよう。


海の丘「天国ベンチ」に立ち寄ってみたものの…。灰色の世界。掬星台に来るときは、景色が見たくて大体ここに立ち寄る。掬星台からロープウェーで下ろうと思ったけど、まだ歩き足りない。ダイエットも兼ねて下ろうと思ったら…神戸高校のメンバーが先を行く。多分、上野道経由で下山かな。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  2. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  3. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  4. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  5. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…

ナレッジ記事

  1. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  2. 山行記録のまとめ方改その2。地理院地図でルートのまとめを作成…
  3. 記録に残したかった「十王山光明寺 閻魔堂」。
  4. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  5. 新湊川水系天王谷川天王ダムの階段立入りについて神戸土木事務所…

ピックアップ記事

  1. 二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  2. 布引谷ルンゼの先で昭和初期の念仏碑に出会う。
  3. 摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
  4. 焼小場谷(ナバ谷)を登って、最終右俣から長峰山頂天狗塚へ至る…
  5. 高橋川水系 要玄寺川(中野村谷川)遡行。阪神深江から薬科大脇…
  1. 菊水・鍋蓋・再度

    鍋蓋地獄谷左俣を登る。山頂経由で小部隧道南谷(仮称)を下り大滝に出会う。
  2. 住吉・芦屋

    黒五滝から黒五山を登る。北黒五山を経て黒五谷から岡本まで。道中謎の水平道。
  3. 長峰

    昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲小槍を登る。
  4. 摩耶

    葺合町古輪谷から旧摩耶道を経て山門ノ谷へ。その後配水管の続きを確認しておく。
  5. 摩耶

    二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
PAGE TOP