レク

0

水道筋商店街へ坂バスの割引券を入手しに行ったものの…。

2016年8月14日 日曜日。今日も暑い日になった。妻は昨日の山行で疲れているらしく、家でゆっくりするとのこと。一人旅となる。
のんびりしていると15時前。そういえば以前みなと観光バスに坂バスの割引券について問い合わせていた。割引券がどんなものか見てみたいので入手するべく水道筋商店街へ行く。


15:11 とは言え、ただでは行かない。山を越えて行くかたち。摩耶山へ久しぶりに登る。新神戸駅下はBBQで賑わっている。


サマーカットのクロちゃんを見ようかと思ったら、着いたとたんに紅葉の茶屋が閉店された。タイミングが悪かった。残念…。噛み合っていない。


市ヶ原の櫻茶屋前の掲示板。平日に歩くことはないので関係ないんだけど、迂回ルートには注意しよう。ちなみに櫻茶屋は茶屋の営業形態にはなっていない。あと何年もつのか。


16:00 天狗道取付。もう何回登っただろう。頭の中で全行程、全ての景色を再現できてしまう。どこにどう足を出すかも全て決まっている。


16:37 555ピークに至る。この石にいつも腰掛けて休んでいた。しかし境界石柱と知ってからは腰掛ける気にはとてもなれない。
ここまでのおよその時間(いつものMuscle的時間)を振り返ろう。

●新神戸から市ヶ原45分 ●天狗道取付〜稲妻坂〜555ピーク30分 ●555ピークから掬星台30分 大体新神戸駅から掬星台までは1時間45分程度が目安といったところ。急げば1時間30分 もう急ぐ気力はない。のんびり山登りがいいな。


ゴロゴロ坂が始まる地点、アドベンチャールートと老婆谷出合い。虫よけパッチα シールタイプのプーさんが落ちていた。これは妻もしているんだけど、貼る場所によっては非常に落ちやすく山のゴミになりやすいので注意したい。拾っておく。雷がゴロゴロ鳴っている。


掬星台手前の阪急バス乗り場脇の案内図。改めてじっくり見てみた。「まやもりん」また歩いてみよう。


17:23分 結構休み休みして掬星台に来た。残念な曇天。掬星台の看板もしょぼくなったなぁ…。着替えをしているとすぐ出発するという臨時便以降「雷雲接近のため、ビューラインが運休する」とのこと。急いで身支度し、17:28発、その臨時便に飛び乗る。25名定員のところ、24人目(23人+職員1人)。危なかった…。どうも咬み合いが悪い。まぁ歩いて下ってもさほど問題ないんだけど。

1

2

落葉山トレッキングコースから有馬三山へ。新有馬駅跡を確認。前のページ

藍那集落をぐるっと一周。山道キケンコースからあいな里山公園を経て相談ヶ辻。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  2. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  3. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  4. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  5. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  2. 【神戸100年 写真集】明治以降の山本通周辺の風景。
  3. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…
  4. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  5. 六甲山不法投棄とゴミ。神戸市環境局と六甲山美化協力会に問い合…

ピックアップ記事

  1. 日本の秘境100選No.064 瀞川渓谷をゆく。兵庫県美方郡…
  2. 日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
  3. 廃道一ヶ谷道を歩いてみる。六甲ケーブル下駅から山上駅まで。
  4. 摩耶ケーブル東の尾根から摩耶東谷を経て摩耶ロープウェー下の尾…
  5. Tenseien-Path 天清園道(湊山谷)・菊水山・城ヶ…
  1. 長峰

    焼小場谷(ナバ谷)を登って、最終右俣から長峰山頂天狗塚へ至る。
  2. 布引・北野

    布引貯水池周遊。貯水池北西にあるササ谷を抜け再度東谷鉄塔巡視路。布引谷から下山。…
  3. 菊水・鍋蓋・再度

    鍋蓋地獄谷左俣を登る。山頂経由で小部隧道南谷(仮称)を下り大滝に出会う。
  4. 菊水・鍋蓋・再度

    石井ダムこもれび広場を探索。ドングリの森谷筋を登り、新鈴蘭台公園尾根を下る。
  5. 裏六甲

    猪ノ鼻の頭パノラマ道から長尾谷上流(竹谷〜淸水谷)遡行。記念碑台を経て石切り場跡…
PAGE TOP