住吉・芦屋

, , , 0

灘区六甲山町南六甲の崩落斜面を見に行く。前ヶ辻谷上流右俣から天狗ノ鼻。


今日の目的の場所に来た。写真中央やや左が崩落斜面。手前の古そうな谷止工に倒木が折り重なっている。右から越える。


谷止が土石や倒木をしっかり受け止めていた。この谷止は六甲砂防事務所の管轄外のもの。砂防事務所のものなら「土石流をくい止めた砂防えん堤」として紹介されていただろう。


崩落斜面を見上げる。阪急沿線から白く見えていたのは「のり枠工」の敷設が進んでいたからなんだなぁ。コンクリの白色ってわけ。右手にはS63年製の治山ダムが2連。遡行するのも面倒なので、この崩落斜面脇を登っていくことにする。


少し登って振り返る。崩れた瞬間はどんな音が響いたのだろうか。こうして見るとやはり砂防ダムって大事なんだと思わされる。


のり枠工の脇を登っていく。まだ作業の途中段階で、どんどんコンクリが流されていくんだろうと思う。個人的な感想だけど、なんだか味気ない。その点、苧川谷の山腹工事はこだわりがあるように思う。苧川谷は三宮からの景観に配慮している部分もあるようだけど。


作業用のモノレールから左上へ向け、斜面を登って尾根に乗ることにする。


目指すは古地図にある「天狗ノ鼻」。この岩については地図に載っているのをほとんど見ない。手持ちの地図ではこの「六甲-摩耶-再度山路図」と「六甲山の地名と登路」ぐらいかな。


尾根に乗ってその肩まで一旦下る。ここから下は急斜面。そこにこの岩があった。これが「天狗ノ鼻」なのかどうか。ここから先の上部の尾根の中ではこれがもっとも顕著な岩だったので、これなのかな…。しかし天狗の鼻というには飛び出いていない。この尾根の形自体を指すのかも。


尾根を進んで崩落斜面の上に来た。左に見えるお宅の方はどんな気分だったんだろう…。とりあえず逼迫したことはなく、本当に良かった。にしてもやはりこうした場所は怖いなと思う。


地域防災対策総合治山事業(28 地防第1号)の概要を示した看板。これを見ると昭和63年に施工された谷止工が5基、崩落斜面の脇にあるっていう…。


右手に保塁岩などを見ながら六甲山ロッジを抜けていく。周囲には随分古くなっている建物も見られる。そう遠くない未来に廃屋になっていくのかも知れない。


六甲ケーブル山上駅に来た。今日は目まぐるしく天気がかわる展開。行こうと思っていた場所に行けたのは収穫。前ヶ辻谷は歩いてみたい支流があと少しある。それはまたの機会に。
話は逸れるけど、駅舎に入ると右手に「無事故記録 達成日数786日」とあった。怖くなって職員さんに聞くとこれは山上バスの記録とのこと。どんな事故だったんだろう。…そして六甲ケーブルも大丈夫なんだろうか…と、ふと不安になった。橋梁が随分古いと思うから…。

今日歩いた軌跡

1 2

3

Black Rock Ridge 黒岩尾根由来の「黒岩」はどれなのか?それを見に行く。前のページ

獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ森林公園まで。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  2. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  3. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…
  4. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  5. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…

ナレッジ記事

  1. 布引貯水池管理橋の先にある謎のレンガ造りの建物について。
  2. 菊水山周辺についての下調べ。
  3. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…
  4. 神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点につ…
  5. 端折っていた写真も別の形で載せたい。Smart Slider…

ピックアップ記事

  1. 岩屋瀧上流 婆谷(ばばだに)を登る。婆谷第二砂防堰堤はいつで…
  2. 焼小場谷(ナバ谷)を登って、最終右俣から長峰山頂天狗塚へ至る…
  3. 裏紅葉谷 七曲滝の向こう側を見に。裏紅葉谷第二砂防ダムから左…
  4. 布引谷ルンゼの先で昭和初期の念仏碑に出会う。
  5. 菊水第2ルンゼ(仮称→菊水北ルンゼ)を登る。菊水ルンゼ北の谷…
  1. 摩耶

    摩耶山水道管巡り。水道管尾根を下り三枚岩の端を登る。新穂高北の谷を下り水道管谷を…
  2. 長峰

    昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲小槍を登る。
  3. 菊水・鍋蓋・再度

    学習の森から洞川キャンプ場を経て妙賀山へ登る。谷筋へ下り、北鈴蘭台駅まで。
  4. 須磨・長田・兵庫

    防火線尾根の現在。平野西尾根展望道(天王谷東尾根)を改めて歩く。鉄塔管理道を経て…
  5. 布引・北野

    北野谷から布引貯水池周遊。貯水池西にある奥サブ谷から浅間ヶ丘道まで歩く。
PAGE TOP