住吉・芦屋

, , , 0

灘区六甲山町南六甲の崩落斜面を見に行く。前ヶ辻谷上流右俣から天狗ノ鼻。

2017年2月12日 日曜日。11:07起床。今日は夙川あたりの下見に行こうかと、とりあえず阪急電車に乗る。電車に揺られながらふと山の方を見ると前ヶ辻谷の崩落斜面が目に入る。そこは以前から行こうと思っていた場所で、ここのところ山腹がやけに白く見えるのが気になっていた。2014年8月の台風11号による山腹崩落箇所


予定を変更し阪急六甲から市バス16系統に乗りケーブル下駅で下車。アイスロードを目指してドライブウェイを北上する。篠原谷橋の補強工事がH29年3月31日まで行われているようす。


アイスロード入口にやってきた。相変わらず「台風11号の被害で通れません!」とある。森林整備事務所によるものだけど、公式にはまだ通れないのか?外し忘れだろうけど…。


アイスロードに入ってすぐの右手には六甲登山架空索道登山口駅の廃墟。様々な記録を見ていたけど、この目では見ていないので周ってみる。


なかなかの廃墟ぶりに心が躍る。廃墟は好き。


南東角にあるこの竪穴は深い…そして不気味。落ちたら只では済まない。
六甲登山架空索道・他についてはこちらのHPが充実しているかなと思います。さてアイスロードを進む。


ドライブウェイ下のトンネルを抜けると1号支柱。ところで、以前の山行で2号支柱らしきものを見たんだけど、今一つ確信が持てなかったのでもう一度見ておくことにした。


真水谷渡渉地点。ここから少し左に下れば前ヶ辻谷に出合う。先にあるアイスロードの説明板から谷に下る。


前ヶ辻谷を渡渉して右岸へ。斜面を登って2号支柱跡と思われるものを確認しに行く。


斜面を適当に登っていくと、左手に石垣がある平坦な場所に至る。


その一角にこれ。以前はサラッと見ただけで、よくよく見ていなかった。ここは標高約450m。おそらく高度的に2号支柱跡だろう。…ということで納得しておく。中央には記念か目印かで植えられた松が一本。


登った斜面を下るのが面倒でやや下り加減も標高を維持したままトラバースする。と、前ヶ辻第四砂防ダムのある谷筋に着いた。右手に下っていく。前ヶ辻谷出合いには巨木が聳え立っていた。

1

2 3

Black Rock Ridge 黒岩尾根由来の「黒岩」はどれなのか?それを見に行く。前のページ

獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ森林公園まで。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  2. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  3. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  4. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  5. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…

ナレッジ記事

  1. 山行記録のまとめ方改その2。地理院地図でルートのまとめを作成…
  2. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…
  3. 布引貯水池管理橋の先にある謎のレンガ造りの建物について。
  4. 国土地理院電子国土Webで登山ルートマップを作る。山行記録の…
  5. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。

ピックアップ記事

  1. 裏六甲 中ノ谷を登りシュラインロードを下る。
  2. 弓弦羽岳はどこなのか?弓弦羽神社から前ヶ辻谷西道(仮称)を経…
  3. 夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  4. 水無谷東尾根から灰形山。太陽と緑の道を下って有馬温泉。
  5. 岩ヶ谷右俣を最奥まで詰めてみる。ジェンガフォールとはこれいか…
  1. 住吉・芦屋

    西滝ヶ谷右俣から西お多福山。周遊歩道を西へ下って水晶谷から極楽渓岩塔状バットレス…
  2. 長峰

    六甲川遡行。大土神社脇から入渓、都賀谷上流右俣から丁字ヶ辻まで登り詰める。
  3. 菊水・鍋蓋・再度

    烏原貯水池放水路隧道を追う。ちりんちりんの滝から放水門まで。
  4. 住吉・芦屋

    夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  5. 菊水・鍋蓋・再度

    鍋蓋地獄谷左俣を登る。山頂経由で小部隧道南谷(仮称)を下り大滝に出会う。
PAGE TOP