裏六甲

0

水無谷東尾根から灰形山。太陽と緑の道を下って有馬温泉。

2018年1月28日 日曜日。10:45起床。昨日は山行をサボってしまった。しかし、このサボるっていう感覚は案外良かったなぁ…と思ったりしながら今日。午後から雨(あるいは雪)らしい。裏六甲はまだまだ歩いていないところが多い。天気も悪そうなので今日は尾根をメインに歩くことにする。


12:56 新神戸発の北神急行から神鉄に乗り継いで13:18 有馬口で下車。住宅街の東を抜けて水無谷方面へ向かっていく。


あらら…思っていた以上に雪が積もっている。今日は特になにも持ってきていない…。いつもの服装だ。


舗装路を進んできて、ここ。そのまま正面奥に進めば水無谷、深戸谷、鬼ヶ島などへ行ける。ここから左へ進む。


道なりに進んですぐ、カーブミラーがあるところ。写真右手が今日登る水無谷東尾根(仮称)の末端。目印らしいものもなく、あまり登っている人はいないようす。掴むものが少なくズリズリしながら斜面を登る。


尾根に乗ってみるとそこは心許ない細尾根。水平道(写真左)のようなものが2〜3見られた。


ピンクのテープが随所に見られるものの、見ての通りどうやらこれは山仕事用と思われる。


終始細い尾根でかつ右側、水無谷側に崩れている箇所が多く油断できない。


ちょっと広い空間には伐採された木が転がっている。あぁそれにしても寒い!


進むと右手が開けていて、そこからは正面に深戸谷の巨大堰堤、逢ヶ山の反射板などが見えた。


細尾根を進むと突如えげつない岩場が現れる。雪がなければ正面突破したいところだけど、やめておく。

固定ページ:

1

2 3

二週続けて寒谷へ。寒谷第2ルンゼを登る。前のページ

裏六甲 中ノ谷を登りシュラインロードを下る。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  2. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  3. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  4. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  5. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…

ナレッジ記事

  1. 次はどこへ行こうかな。「六甲摩耶再度山路圖」を見て計画をねり…
  2. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  3. 山に行けないので、家に篭って本を読む。関西周辺の谷、生と死の…
  4. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…
  5. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…

ピックアップ記事

  1. 芦屋川支流ミツガシ谷を登る。黒越谷東尾根を下り奥池へ。観音山…
  2. 裏六甲 中ノ谷を登りシュラインロードを下る。
  3. 布引貯水池周遊。貯水池北西にあるササ谷を抜け再度東谷鉄塔巡視…
  4. 見返り岩から丁字ヶ滝を経て丁字谷を登る。
  5. 住吉道から一部離れて川を溯行。本庄橋手前、森林管理道分岐から…
  1. 摩耶

    楽生公園から上野道経由で掬星台。桜谷を下り、徳川道を経て摩耶別山へ登り返す。
  2. 摩耶

    法徳寺北尾根(仮称)から崩落現場の上へ。老婆谷を下って摩耶山史跡公園まで。
  3. 西宮・宝塚

    見返り岩から丁字ヶ滝を経て丁字谷を登る。
  4. 摩耶

    苧川天狗谷右俣を詰めて555P。下りは行者尾根で青谷道。
  5. 長峰

    六甲川遡行。大土神社脇から入渓、都賀谷上流右俣から丁字ヶ辻まで登り詰める。
PAGE TOP