レク

0

実家への小旅行 岡山県総社市 名勝豪渓探訪。

2018年4月7日 土曜日。今日は来神していた母を家に送るために岡山へ。ついでに一泊二日の小旅行にしようというわけで妻とともにMuscle実家へ。


お昼前に岡山の実家に到着。細道のすれ違いが怖いので軽自動車に乗り換えて出発し、豪渓(ごうけい)に向かう。
豪渓は幼い頃に父に連れられ訪れたことがあって、薄い記憶ながらその渓谷をいつか遡行してみたい…そんな風に考えていた。一応それ用の靴を履いてきている。豪渓Wikipediaはコチラ


ガラガラというか、誰も停めていない駐車場に車をおいて、渓谷沿いを歩き始める。桜が散る前だったらさぞ華やかだっただろうに…。両岸には奇岩群がそそり立っている。


豪渓寺に寄ってみる。裏手は天柱山というらしい。岩峰を背にしてなかなかの佇まい。どうやら改装中のようす。この周辺には観光案内所があるんだけど、お留守。この時期は不在のようだ。紅葉の季節は開けられているのかな?トイレはとても綺麗なのでここで済ませましょ。


寺のすぐ先で渓谷に下れるようになっていたので大きな淵に寄ってみる。記憶では綺麗な水質だったように思うも、なかなか…汚れている。どうも生活排水の類の汚れに見える。


妻は普通の靴なので一旦お別れ。普段着だけどちょっとだけ遡行してみようと思う。


少しばかり遡ると中腹に東屋が見える。どうやら展望台のようだ。登れるのかな?もう少しだけ進んでみよう。


滝らしい滝はなく穏やかな流れが続いている。普段着のままでいうのもなんだけど、とても遡行対象ではない。ここらあたりで石垣を登って舗装路に戻ることにした。


道路の脇には「天柱」と彫られた岩がある。あんなところに14日かけて掘ったとか。昔の人はどうやって作業したのか…。


見返下橋という名の下に「登山禁止」看板があった。おそらくこの道が展望台に通ずる道だろうと思う。違うかな?崩落の危険があるとのことで、もうずっと禁止なんだろう。


1つ上の見返橋から上流を望む。下流側は広場になっていて、お花見の好適地に思える。帰ってから父に聞くとそういう人たちもいたねと言っていた。


道路を登っていくとまだ花をたくさん残した桜があった。その先には奇岩峰が見える。名勝と言われるだけあって見応え充分。豪渓は紅葉の季節がベストなんだろうけど、桜の季節も良いと思う。


総社市から吉備中央町に入る。名勝と呼ばれる豪渓、しかし歩いているのはMuscleと妻のみと少々さみしい気もする。もう少し歩いてみよう。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  2. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  3. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  4. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  5. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…

ナレッジ記事

  1. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…
  2. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  3. 六甲山不法投棄とゴミ。神戸市環境局と六甲山美化協力会に問い合…
  4. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  5. 次はどこへ行こうかな。「六甲摩耶再度山路圖」を見て計画をねり…

ピックアップ記事

  1. 布引五本松堰堤右岸を確認。放水路隧道脇の谷を登って神戸布引ハ…
  2. 長峰山北面の谷。西谷の6m滝手前から支流に入って長峰山天狗塚…
  3. 生瀬から大多田川右岸支流の不動谷溯行。宝塚最高峰岩原山を経て…
  4. 楽生公園から上野道経由で掬星台。桜谷を下り、徳川道を経て摩耶…
  5. 坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山…
  1. 住吉・芦屋

    灘区六甲山町南六甲の崩落斜面を見に行く。前ヶ辻谷上流右俣から天狗ノ鼻。
  2. 住吉・芦屋

    住吉川下流域遡行。ゴルジュ、滝、淵。住吉堰堤から小峰ヶ原砂防ダムまで。
  3. 住吉・芦屋

    廃道一ヶ谷道を歩いてみる。六甲ケーブル下駅から山上駅まで。
  4. 西宮・宝塚

    社家郷山キレットルートから外れ峰南尾根。小天狗山を経て宝殿橋まで。小笠峠東川で滝…
  5. 住吉・芦屋

    五助東谷(仮称)を登って五助山。五助尾根右手の700mピークから下って水晶谷左俣…
PAGE TOP