摩耶

0

桜谷道西の廃道 徳合道を探して。

2018年8月13日 月曜日。9:00起床。午前中の用事を済ませて午後から山に行く。今日は六甲_摩耶_再度山路図に見られる「徳合道」を探しに行くことにした。徳合道と聞いて「あぁ、あそこね」となる方は少ないかもしれない。


赤丸で囲った小径の点線、これが徳合道。「徳」川道に出「合」う「道」ということだろうと思う。西の尾根は桜谷西尾根ということになる。桜谷左岸山腹を進み、谷の中程にある左岸支谷に合流し尾根に出る道のようだ。支谷は2014年の暮に歩いたんだけど、そんな道はなかったような…。


まぁ行ってみましょ!というわけでまやビューラインに乗って掬星台に着いたのは14:00過ぎ。まずは桜谷道を下っていく。


2つ目の水色道標から左へ下る。なぜこうして塞がれているのかは少々謎。昔は通られていた道だと思う。


桜谷へ下ると対岸には桜谷西尾根へ向かう踏み跡が見える。対岸へ渡り斜上気味に山腹を進んでみる。


しかし左岸の脆そうな大きな岩場に阻まれ結果谷に戻ってきてしまった。一旦遡行に切り替える。


左岸になかなか立派な枯滝。岩はどこも脆そうだ。


あまり見たことがない削れ方をした岩が転がっている。まるで人の手が入っているようだ。


スラブ状3段の滝。今日は谷を登りに来たわけでもないので右から巻いていく。それにしても強烈な臭い。これは経験上イノシシの死骸があるに違いない。しかし見回しても見当たらず。


下段の滝を巻いて2段目の滝と上段の滝が見える場所に立つ。周囲を見回すと下段滝右岸にイノシシの死骸があった。さてここも右から巻いていく。


ここはユニークな場所になっていて、中段滝の左岸の奥にこの4m弱の滝がある。さらにその右に谷筋。この凹地を利用して巻いていくことにした。


滝の上流に出ると広い空間になっていて、用途不明の梯子が転がっていたりする。


低ダムに阻まれる。どうやら副堰堤のようで奥には大きなダムが控えている。


主ダムは桜谷砂防ダム。ここは左岸から越えることにする。越えた先からそのまま山腹を進むも単なる斜面で、尾根方向を見るもどうもそれらしい道らしきものは見えない。下り気味に進んでいく。

固定ページ:

1

2

XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで杣谷に行く。前のページ

桜谷道西の廃道 徳合道探索2回目。廃道はやはり廃道。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…
  2. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  3. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  4. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  5. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。

ナレッジ記事

  1. 地蔵谷についての下調べ。
  2. 山に行けないので、家に篭って本を読む。関西周辺の谷、生と死の…
  3. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  4. OSPREYバリアント37がリコール対象になる。2日後には新…
  5. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…

ピックアップ記事

  1. 摩耶東谷深谷第4堰堤手前から支尾根へ。旧道跡かも知れない水平…
  2. 八王子川支流滝谷(小屋ヶ谷)を登って古寺山 昔の表参道を下り…
  3. Tenseien-Path 天清園道(湊山谷)・菊水山・城ヶ…
  4. 祇園神社北尾根から天王谷奥東服へ下る。平野西尾根展望道は廃道…
  5. 布引雄滝 五瀧不動尊の祠裏手から谷筋を登る。
  1. 長峰

    日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
  2. 住吉・芦屋

    五助東谷(仮称)を登って五助山。五助尾根右手の700mピークから下って水晶谷左俣…
  3. 住吉・芦屋

    天狗岩駅尾根を下り地獄谷経由で赤滝谷遡行、天狗岩南東尾根を下る。
  4. 摩耶

    天狗峡からトゥエンティクロス。二十渉堰堤上流支沢から黒岩尾根を経て掬星台へ至る。…
  5. 摩耶

    摩耶東谷深谷第4堰堤手前から支尾根へ。旧道跡かも知れない水平道を辿る。
PAGE TOP