住吉・芦屋

, 0

蛇谷下流から東蛇谷を登る。尾根を経てP715から下って滝ヶ谷右俣。

2017年4月9日 日曜日。9:50起床。今日は午後から晴れるような天気予報だったはず。ややのんびりしながら12時前に自宅を出発。


阪急芦屋川駅にやってきた。駅前の白ポスト。山登りとは関係ないけど、どうにも「家庭に持ち込まないで」の一文が気になる…。そして回収されたあとの扱いも気になることろ。12:38発の阪急バスが渋滞のため10分ほど遅れてやってきた。


東おたふく登山口で下車し、芦屋ゲート方面へ向けて南下してきた。写真右奥から下ってきて、北を向いてこの道標がある地点。ここから左手芦屋川へ下りる。


芦屋川本流は右奥。右岸支流の斜瀑が蛇谷の入口。なかなかいい感じ。

< style="border: 0;" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m0!3m2!1sja!2sus!4v1491731021573!6m8!1m7!1sF%3A-TaoqgVqYz7k%2FWOnx_LJgPMI%2FAAAAAAAAAOk%2FxabMI7AqMHgoMQzP-t5MlNp8BReyLgJSQCLIB!2m2!1d34.766112!2d135.2843904!3f333.08706443771115!4f-15.664881815077834!5f0.7820865974627469" width="100%" height="550" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen">
というわけで、今日もパノラマ写真を投稿する。岩がツルツルしていて転びそうになる始末…。


長い年月をかけて岩を削って流れるようすをしばし眺める。


3mほどの小滝。左岸に無粋な取水パイプが見える。滝左の細い流れを登る。


谷は全般的にヌメヌメしているので気が抜けない。


進むと無名の石積堰堤。水抜きが見通せてくぐれそう。しかし右から巻くことにした。水抜きの反対側を見ると一人分の隙間があるかないかという狭さだった。巻いて正解。


地味な区間を抜けると昭和42年製 蛇谷堰堤。正副2基。まとめて左から越える。


谷に戻って溯行再開。やや谷筋が広くなる。なんとなく両岸に踏み跡があるようなないような…。


一見自然のように見えたけど、大きな岩で造った谷止工があった。先でユートピア芦屋へ繋がる橋の下を通過。橋の向こうで二俣になっている。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  2. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  3. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  4. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  5. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の山本通周辺の風景。
  2. 六甲山でのドローン撮影について神戸市に問い合わせた結果。
  3. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…
  4. 新湊川水系天王谷川天王ダムの階段立入りについて神戸土木事務所…
  5. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。

ピックアップ記事

  1. 昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲…
  2. 芦屋川支流ミツガシ谷を登る。黒越谷東尾根を下り奥池へ。観音山…
  3. 青谷川初見のゴルジュと滝群。老婆谷中俣を詰めて摩耶山へ至る。…
  4. 長峰山北面の谷。西谷の6m滝手前から支流に入って長峰山天狗塚…
  5. 布引貯水池周遊。貯水池北西にあるササ谷を抜け再度東谷鉄塔巡視…
  1. 住吉・芦屋

    西山谷の支流を登る。右俣を3本経由して天狗岩へ。
  2. 長峰

    長峰山東面 六甲川右岸の谷を登り下り。連続小滝手前で見落としたものを探しに。
  3. 須磨・長田・兵庫

    防火線尾根の現在。平野西尾根展望道(天王谷東尾根)を改めて歩く。鉄塔管理道を経て…
  4. 住吉・芦屋

    芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中断。
  5. 摩耶

    杣谷道支沢を登り寒谷南尾根から谷筋を下り寒谷滝。摩耶第四砂防ダム上流支沢を登る。…
PAGE TOP