杣谷の支沢を確認しながら杣谷峠へ。天狗塚へ登り、篠原伯母野山町へ下る。

2016年6月4日 土曜日。10:28起床。RIKIのくるみシナモンナッツパンとカフェオレで目を覚ます。色々行動予定もあったけど、今日は妻がやる気だ。山歩きをしたいよう。というわけで、杣谷道に付き合ってもらうことにする。杣谷を一緒に歩くのは約一年ぶり

DSC_0012
12:50 神戸市バス2系統観音寺BSで下車し箕岡通を登ってきた。今日は「みのおかまつり」が行われていた。また来年の機会に…。永峰堰堤手前から杣谷道に入る。

DSC_0026
しばらく歩いて摩耶砂防ダム渡渉地点。右岸に渉り堰堤を巻く。水量は少ないように見える。

DSC_0029
主堰堤を巻いて下っていく地点。ここから右手斜面を半ば強引に下っていく。(妻には先の開けた地点で待ってもらうようお願いする)

DSC_0033
摩耶砂防ダム主堰堤の上流側に下りてきた。翻って杣谷を進む。

DSC_0042
堰堤の堆砂地を過ぎて流れが見えてくる。良い雰囲気だなぁ。

DSC_0055
左岸は濡れた岩壁。正面は本流の小滝。以前来た時は見落とした左岸のようすを見に行く。今日はNIKEのスニーカーだけど…。

DSC_0059
濡れた岩壁の手前から巻いていく。本流の滝壺は見た目以上に深い。

DSC_0063
左岸支沢の入口のようす。奥に小滝が見えるのでもう少し進んでみよう。

DSC_0069
先には滑った小滝が見える。さらに登って行く。

DSC_0073
直登は無理っぽいな。またいつか行ってみたい。さて、待機してもらっているので戻ることにする。落石で踝を強打…。気持ち急いだのが良くなかった。

DSC_0080
本流の小滝まで戻ってきた。かつては手前の溝が滝の落ち口だったよう。流れは変わってしまった。

DSC_0085
深い釜を右岸から巻く。先で谷がパッと開ける地点となる。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Twitter

最近のコメント