摩耶

, コメント: 0

Jizo Valley 天狗峡旧道を経て地蔵谷を登る。道中に謎の遺構。


大滝を過ぎて進むと、休憩にはうってつけの岩がある。渡渉地点を過ぎると「つうほうプレートち47-7」がある地点に至り、そこから右手に石垣が見える。


そこにあるのが謎の遺構。前も寄ってみたんだけど、今一度探索に行く。


なんだか妙に立派なアプローチ。岩のようすを見る限り、そこまで古くはなさそうに見える。


折り返すように階段道で、上は平坦になっている。お堂でもあったのか、地蔵でもあったのか、いつ建物はなくなったのか?


一角にはコンクリート製と思われる何らかの基礎が。う〜ん、しかし基礎にしてはその穴の数、配置が異様…。気になるなぁ、この謎。


奥の院でもありやしないかと、奥の方へ登ってみるものの、岩や灌木の細尾根。このまま天狗道まで行ってみても良かったかも。さて、このあとは今現在の地蔵谷をしばらく登っていく。


地蔵谷第三砂防ダムを巻いて、下っていくと「あぶない 看板」がある地点で右手に谷筋が現れる。この支流を経て天狗道に至るのが、かつての地蔵谷道の一つ。


進むとなかなかいい感じの小滝がある渡渉地点。対岸に移り登っていく。


地蔵谷第四砂防ダムを越えた先にある渡渉地点。写真左上に道があるんだけど、ここは谷中を進むのが快適だと思う。ちなみにこれは三俣の右俣。
かつて(本来?)の地蔵谷は一帯どの道を指すのかはまたの宿題。多分答えのない宿題だけど、Muscle的には地蔵谷第四堰堤を越えた地点の三俣の中俣を詰めて、黒岩尾根南の緩斜面を大岩方向に抜けていく道だろうと思う。なんならさらに詰めて、前歩いた659mピーク南の鞍部まで登ってもいいけどそれは蛇足。


アドベンチャールートへの分岐などを過ぎ、右へ曲がってゴロゴロ坂へ向かう地点。三又の杉があった。これは見逃していたなぁ。いつか地蔵谷マザーツリーになるのかも。この写真左手、すぐに治山ダムがあるんだけど、その先の谷筋は歩いていなかったので行ってみる。


大岩がゴロリ。右岸は表裏ともえぐれていて、いつかこのダムも壊れてしまいそう。さしたる発見もなく送信所手前で天狗道に合流する。


掬星台にある森林整備事務所の平成25年12月の「摩耶自然観察園“まやもりん”散策マップ」によると「海の丘」と名のつくベンチから西方。ここからの景色は落ち着くなぁ。しかしスマホの限界を感じる。


「夕陽の道」を進んで「風の丘 展望デッキ」で腰を下ろしてしばし休憩。このあと自然観察園をグルグル回る。トリムコースの名前はなくなってしまったよう。

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  2. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  3. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  4. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  5. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…

ナレッジ記事

  1. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  2. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  3. 次はどこへ行こうかな。「六甲摩耶再度山路圖」を見て計画をねり…
  4. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…
  5. 山に行けないので、家に篭って本を読む。関西周辺の谷、生と死の…

ピックアップ記事

  1. 岩ヶ谷右俣を最奥まで詰めてみる。ジェンガフォールとはこれいか…
  2. 木ノ袋谷。木ノ袋滝の奥でゴルジュと滝群に出会う。
  3. 裏六甲 中ノ谷を登りシュラインロードを下る。
  4. 三森谷東尾根から再度谷の無名支流を下って大滝に出会う。
  5. 夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
PAGE TOP