摩耶

0

Jizo Valley 天狗峡旧道を経て地蔵谷を登る。道中に謎の遺構。

2017年2月4日 土曜日。今日は朝から所用で家を出たのは13時過ぎ。今更遠くへは行けないし、近場を歩くことにした。向かうのは地蔵谷。


出だしから便利なもので端折っていくスタイル。布引ロープウェイを利用し風の丘 中間駅まで700円にて標高270mほどを稼ぐ。ゴンドラから見下ろす布引山=丸山。株式会社ジェム(=神戸サウナ&スパ運営元※旧大和観光株式会社)社長が所有する山。ここにあったという六英堂は現在西宮神社に移っている。いつか利用してみたいもんだ。


中間駅で下りて市ヶ原橋(いちかはらはし)を過ぎて、途中から貯水池方面に下ってきた。ご利益がございますという「水呑宮」。管理はしっかりされているようす。


わざわざ下ってきたのはゴンドラから見える貯水池の水位がやけに低かったから。今までで一番かも。この水の下には道路もあったりする。この目で見てみたい。いつか土砂をさらう工事があるはずだし。しかしそれまで生きているのかどうか問題。


布引登山会の昭和42年3月に之を建つという10周年記念碑。その脇に爲有縁無縁各霊菩提也と掘られた昭和42年11月に之を建つという地藏尊が置かれる小さなお堂があった。おそらく昭和42年の水害の慰霊なんだと思う。


布引登山会は現役なんだなぁなんて輪投げや建物を眺めているとサバトラが寄ってきた。耳をみるに去勢はされているようす。人懐っこい。よくご飯をもらっているんだろう。ご飯はあげないけど、ひとしきりじゃれ合ってバイバイ。


天狗道分岐を北へ進んで新市ヶ原砂防ダム(昭和63年12月完成 堤高30m堤長65m)を越えて旧道に入る。ダムの裏側が少々やっかいで危険。かつてはこの道が地蔵谷やトゥエンティクロス、あるいは黒岩尾根へ行く道だったんだろう。平成に入ってからは歩かれなくなった道ってことかな。

ちょっと進むと滑滝手前、川床の岩で夕食の準備を始める方が2名おられた。なんともマニアック。天狗峡は捨てられたわけでもなさそう。


昭和14年完成の市ヶ原砂防ダム。水通しにあるパイプを見るに布引集落への取水の役割も兼ねていそう。布引登山会の敷地?の奥にあるのが浄水槽かなんかなんだろう。


天狗峡の河原を進むと、平成に入る前までは活躍していたであろう古いタイプの道標。「地蔵谷・天狗道を経て摩耶山」とある。天狗峡を通過して天狗道に至る主要な道もあったようす。多分、地蔵谷堰堤から天狗道に続く石階段だろうと思う。ここら一帯は以前探索済。「市ヶ原池」については分からず仕舞い。地蔵谷へ向かう。

1

2 3 4

地蔵谷についての下調べ。前のページ

雨の日は裏山。城山道から二本松道。ちょっとだけ石碑巡り。別格官幣社湊川神社苑 記次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  2. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  3. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  4. 神戸市境界石No.78 再度山山頂の北側にて。蛇ヶ谷右岸から…
  5. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。

ナレッジ記事

  1. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。
  2. 山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使い…
  3. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…
  4. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…
  5. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…

ピックアップ記事

  1. 二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  2. 芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中…
  3. 摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
  4. 石楠花山南東 六百谷(仮称)を登り六百山を下る。
  5. 木ノ袋谷。木ノ袋滝の奥でゴルジュと滝群に出会う。
  1. 住吉・芦屋

    夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  2. 布引・北野

    北野谷から布引貯水池周遊。貯水池西にある奥サブ谷から浅間ヶ丘道まで歩く。
  3. 裏六甲

    八王子川支流滝谷(小屋ヶ谷)を登って古寺山 昔の表参道を下り、横ノ谷を登って逢ヶ…
  4. 長峰

    岩ヶ谷右俣を最奥まで詰めてみる。ジェンガフォールとはこれいかに。
  5. 菊水・鍋蓋・再度

    三森谷東尾根から再度谷の無名支流を下って大滝に出会う。
PAGE TOP