レク

0

再度ドライブウェイを通って稲荷茶屋へ。斜面に階段を作る。

2016年3月21日 月曜日。土日と山歩きをしたので、今日は稲荷茶屋にお手伝いに向かう。

DSC_1272
異人館通りを西へ。すっきり晴れてお天気はいいんだけど、若干肌寒いなぁ。絶好の山日和なんだけど、今日はやるべきことがある。

DSC_1273
海外移住と文化の交流センターを過ぎると右手に坂道がある。山本通三丁目。ここが再度山ドライブウェイの入口だ。そういえば、ABC朝日放送「ジモイチドライブ」2016年3月20日放送で再度山荘が紹介されていたけど、ドライブウェイを車で上がっていた。私もそれに続くかたちで登る。ちなみにコーナー冒頭でかまいたちの山内さんが「奥再度ドライブウェイってところ(を通る?)」と言っていたけど、再度山ドライブウェイはほぼ中間にある再度公園を境に、再度ドライブウェイと奥再度ドライブウェイに分けられる。

DSC_1286
坂を上がるとヘアピン状に曲がって、深道閣トンネル<(闊天洞)。右手は追谷墓園(神戸區追谷墓地)
午後11時から翌朝5時までは、マイカーは通行禁止。原付き含め2輪車は通行禁止になっている。歩くのは問題ないんだけど、注意して進まないと危ない。再度ドライブウェイを進む。

DSC_1298
城ヶ口川沈砂池を過ぎてカーブNo.5を通過していく。カーブが多くセンターラインを守らないと危険。このヘアピン地点には成人漫画などが散乱していたけど、綺麗さっぱりなくなっていた。奥がカーブNo.6。

DSC_1304
今日初めて気づいたんだけど、切り開かれた敷地があった。以前は何があったんだろう…?カーブNo.7ヘアピンの奥にトンネルがある。トンネル関係はコチラが詳しい。お気に入りのブログの1つ。さて進む。

DSC_1315
カーブNo.9はヴィーナスブリッジ。ドライブウェイを進む。

DSC_1326
カーブNo.10から奥に進むと、諏訪山特一高層配水場がある。フェンスを回りこんでいくと…

DSC_1330
冬枯れでわずかながら眺望が得られる。高取山から淡路の山々。眼下には神戸山手女子高等学校・中学校のテニスコートが見える。

DSC_1333
ドライブウェイを進むとジャンカルドを過ぎた地点に道標がある。正面奥は展望ポイントルート。左奥は展望ポイントと後に合流する水平道。左下は再度谷、中道に合流する。※神戸市バス25系統は12/1〜3/31までは運行していない。分岐のどれにも行かず、ドライブウェイをさらに進んでいく。

DSC_1342
進むと再度ドライブウェイ、カーブNo.13。ジモイチでも止まっていた場所だ。車があるところ。ここから再度谷へ下っていく。

DSC_1343
紅葉の時期もいいん、個人的には新緑の季節が美しいと思う。道なりに下っていく。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  2. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…
  3. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  4. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  5. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…

ナレッジ記事

  1. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…
  2. 山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使い…
  3. 国土地理院電子国土Webで登山ルートマップを作る。山行記録の…
  4. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。
  5. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。

ピックアップ記事

  1. 須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東…
  2. 布引五本松堰堤右岸を確認。放水路隧道脇の谷を登って神戸布引ハ…
  3. 布引谷ルンゼの先で昭和初期の念仏碑に出会う。
  4. 亀の滝第二砂防ダムの谷を登る。亀の滝もついでに見ておく。
  5. 天狗岩駅尾根を下り地獄谷経由で赤滝谷遡行、天狗岩南東尾根を下…
  1. 摩耶

    青谷川初見のゴルジュと滝群。老婆谷中俣を詰めて摩耶山へ至る。
  2. 裏六甲

    裏紅葉谷 七曲滝の向こう側を見に。裏紅葉谷第二砂防ダムから左俣で詰める。
  3. 裏六甲

    裏六甲 中ノ谷を登りシュラインロードを下る。
  4. 摩耶

    Black Rock Ridge 黒岩尾根由来の「黒岩」はどれなのか?それを見に…
  5. 裏六甲

    水無谷東尾根から灰形山。太陽と緑の道を下って有馬温泉。
PAGE TOP