菊水・鍋蓋・再度

, 0

学習の森から洞川キャンプ場を経て妙賀山へ登る。谷筋へ下り、北鈴蘭台駅まで。

2016年8月20日 土曜日。午前2:30まで飲んでいて、3:00帰宅。CSの「少女に何が起こったか」を観て就寝は4:30頃。キョンキョンはカワイイ…。さて、起きたら12:14。リュスティックを軽くオーブンに入れ、バターを乗せる。カフェオレでお昼を簡単に済ませる。どこに行こうという気にもなれずダラダラ。短めでまだ行っていない道を歩こう。

DSC_0007
神戸市バス25系統「中山手三丁目」停。土曜日の最終便15:05に乗る。

DSC_0011
15:29 学習の森前で下車。バスを見送る。正面奥は分水嶺越。翻る。

DSC_0014
すぐ左手に岩がある。「不森橋」?なんて書いてあるんだろう…。モヤモヤ。舗装路を西へ進む。

DSC_0016
仙人谷分岐道標を左手に見る。左奥には「ホタル観察路」道標があった。また行ってみたい。さて奥に進むと右手に「学習の森」入口がある。

DSC_0019
入口脇にはざっくりとした概念図がある。妙の目的の妙賀山への道は記されていない…。

DSC_0022
15:36 入口に至る。開園時間は17:00までとある。奥に進もう。

DSC_0025
学習の森案内図。これを見るとなんとなく人がいるんじゃないの?と思ったんだけど…

DSC_0028
左奥に進む舗装路を見ながら正面奥の踏み跡に入り込む。

DSC_0030
謎の構造物。学習の森はかつて「教育植物園」と呼ばれていたんだね。まったく人の気配がしない。適当に周囲を歩く。

DSC_0033
イノシシ電柵と立入禁止看板。周囲に数点あった。ふと、人の気配を感じる…。

DSC_0036
なんだ、石像か。現在の運営状況はどうなっているのか…謎だ。

DSC_0038
森林植物園西門への案内があったので進んでいくことにする。学習の森、またゆっくり歩きまわってみたい。さて進む。

ページ:

1

2 3 4 5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  2. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  3. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  4. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  5. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の山本通周辺の風景。
  2. 地蔵谷についての下調べ。
  3. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  4. 記録に残したかった「十王山光明寺 閻魔堂」。
  5. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…

ピックアップ記事

  1. 木ノ袋谷。木ノ袋滝の奥でゴルジュと滝群に出会う。
  2. 新市ヶ原砂防ダム上流の支沢から高雄山へ。鶏鳴橋跡へ下り、世継…
  3. 横尾から須磨アルプス。展望ピークから下って天井川。栂尾山へ登…
  4. 見返り岩から丁字ヶ滝を経て丁字谷を登る。
  5. 天王谷インターチェンジ東西の尾根。梅元西尾根を経て天王谷IC…
  1. 摩耶

    摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
  2. 須磨・長田・兵庫

    祇園神社北尾根から天王谷奥東服へ下る。平野西尾根展望道は廃道寸前。
  3. 長峰

    焼小場谷(ナバ谷)を登って、最終右俣から長峰山頂天狗塚へ至る。
  4. 長峰

    日柳川右岸支流の三又谷を登る。
  5. 住吉・芦屋

    廃道一ヶ谷道を歩いてみる。六甲ケーブル下駅から山上駅まで。
PAGE TOP