菊水・鍋蓋・再度

, 0

学習の森から洞川キャンプ場を経て妙賀山へ登る。谷筋へ下り、北鈴蘭台駅まで。

2016年8月20日 土曜日。午前2:30まで飲んでいて、3:00帰宅。CSの「少女に何が起こったか」を観て就寝は4:30頃。キョンキョンはカワイイ…。さて、起きたら12:14。リュスティックを軽くオーブンに入れ、バターを乗せる。カフェオレでお昼を簡単に済ませる。どこに行こうという気にもなれずダラダラ。短めでまだ行っていない道を歩こう。

DSC_0007
神戸市バス25系統「中山手三丁目」停。土曜日の最終便15:05に乗る。

DSC_0011
15:29 学習の森前で下車。バスを見送る。正面奥は分水嶺越。翻る。

DSC_0014
すぐ左手に岩がある。「不森橋」?なんて書いてあるんだろう…。モヤモヤ。舗装路を西へ進む。

DSC_0016
仙人谷分岐道標を左手に見る。左奥には「ホタル観察路」道標があった。また行ってみたい。さて奥に進むと右手に「学習の森」入口がある。

DSC_0019
入口脇にはざっくりとした概念図がある。妙の目的の妙賀山への道は記されていない…。

DSC_0022
15:36 入口に至る。開園時間は17:00までとある。奥に進もう。

DSC_0025
学習の森案内図。これを見るとなんとなく人がいるんじゃないの?と思ったんだけど…

DSC_0028
左奥に進む舗装路を見ながら正面奥の踏み跡に入り込む。

DSC_0030
謎の構造物。学習の森はかつて「教育植物園」と呼ばれていたんだね。まったく人の気配がしない。適当に周囲を歩く。

DSC_0033
イノシシ電柵と立入禁止看板。周囲に数点あった。ふと、人の気配を感じる…。

DSC_0036
なんだ、石像か。現在の運営状況はどうなっているのか…謎だ。

DSC_0038
森林植物園西門への案内があったので進んでいくことにする。学習の森、またゆっくり歩きまわってみたい。さて進む。

ページ:

1

2 3 4 5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  2. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  3. 神戸市境界石No.78 再度山山頂の北側にて。蛇ヶ谷右岸から…
  4. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  5. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…

ナレッジ記事

  1. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。
  2. 山に行けないので、家に篭って本を読む。関西周辺の谷、生と死の…
  3. 【神戸100年 写真集】明治以降の山本通周辺の風景。
  4. 新湊川水系天王谷川天王ダムの階段立入りについて神戸土木事務所…
  5. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。

ピックアップ記事

  1. 焼小場谷(ナバ谷)を登って、最終右俣から長峰山頂天狗塚へ至る…
  2. 石楠花山南東 六百谷(仮称)を登り六百山を下る。
  3. 天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道…
  4. 鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。
  5. Tenseien-Path 天清園道(湊山谷)・菊水山・城ヶ…
  1. 摩耶

    トゥエンティクロス高雄山砂防ダム上流、河童橋奥の谷から黒岩尾根P606。地蔵谷を…
  2. 菊水・鍋蓋・再度

    天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道はあるのか?
  3. 住吉・芦屋

    廃道一ヶ谷道を歩いてみる。六甲ケーブル下駅から山上駅まで。
  4. 長峰

    日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
  5. 摩耶

    布引谷の集落跡と地蔵谷の遺構再探訪。地蔵大滝上流左岸の無名支流を登って555P。…
PAGE TOP