菊水・鍋蓋・再度

0

太子の森から錨山・市章山。森林植物園で柿ノ木塚を確認し狼谷を経て山田道を下る。

2016年7月3日 日曜日。12:03起床。その後まったりダラダラ。もう遠くへは行けない。近場を散歩しよう…というわけで、とりあえず「太子の森」へ。14:00出発。


奥右から市バス25系統が出てきた。バスが出てきた坂道を登ってすぐに取付きがある。


深道閣トンネル(闊天洞)手前は追谷墓園。その入口の左手にある階段。ここを登る。「太子の森」入口には由来を示す石柱がある。

太子の森の”太子”は、何を表しているのか、ご存知でしょうか 実は、今から50数年前の昭和43年(1959年)現在の天皇(当時は皇太子)のご成婚を記念して、県下の市町村からの献木を植樹したことに由来しております。(NPO法人 ひょうご森の倶楽部)


道中にはルート案内版がいくつか。記念碑方面に進む。「これが記念碑です」というようなものはないんだけど、これが記念碑。…のはず。


記念碑の両脇に階段があって進んで道標。まっすぐ階段を登れば錨山方面。右手「記念碑巡回路」へ。この表示の仕方が「記念碑がどこか」をわかりにくくしているんだと思う。


道なりに進むと道標。左手の「小鳥水浴場」が示すところはただの斜面になっている。階段手前、道左脇にある1m四方のコンクリのことではないと思うけど…。謎。


振り返って写真。左奥から登ってきた。記念碑裏の階段を進めば右から出てくるかたち。翻って進む。途中「追谷墓園」へ下る道標があるんだけど、斜面の道は流され気味。進んで分岐。右奥「錨山・市章山」へ登る。

諏訪山展望台分岐を過ぎて、錨山電飾を右手に見ながら展望台へ。

錨山展望台からポートアイランド方面の眺望。ここからはポーアイ全景がよく見える。さらに登って市章山へ。

市章山から南西。クリスタルタワーが存在感をアピール。市章山の展望台から左に降りてDWに合流し、再度公園方面に進む。


と、市バスが通り過ぎる。乗れればよかったんだけど…。とりあえず、大龍寺山門までDWを歩いて行くことにする。暑いしなかなか面倒な歩き。

25系統はそれほど本数がないので待つのが基本。大竜寺(だいりゅうじ)バス停で次の便を待つ。ところで寺の名前は大龍寺(たいりゅうじ)、バス停は大竜寺(だいりゅうじ)。旧字はさておき、音が違う理由はなんだろう。謎。


奥から登りのバスがやって来た。これに乗って、森林植物園に行こう。

ページ:

1

2 3 4 5

西国往還付替道 杣谷道から名場谷、森林植物園を抜け小部峠へ至る。前のページ

山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使いたい。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…
  2. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  3. 神戸市境界石No.78 再度山山頂の北側にて。蛇ヶ谷右岸から…
  4. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  5. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…

ナレッジ記事

  1. 市バス25系統停留所の名称について問い合わせる。だいりゅうじ…
  2. 六甲山不法投棄とゴミ。神戸市環境局と六甲山美化協力会に問い合…
  3. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  4. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  5. 城山展望公園の現在 ハンター谷を登り北野谷西尾根を下る。

ピックアップ記事

  1. 船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下っ…
  2. 青谷川初見のゴルジュと滝群。老婆谷中俣を詰めて摩耶山へ至る。…
  3. 生田川流域廃ポンプ場巡りの下見。その後北ドントリッジを経て森…
  4. 石井川上流 開ヶ谷を登る。ガーデンレストラン風舎から清水谷を…
  5. 2日連続布引谷へ。神戸市中央区葺合町山郡 謎の水平道と286…
  1. 住吉・芦屋

    芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中断。
  2. 摩耶

    布引谷の集落跡と地蔵谷の遺構再探訪。地蔵大滝上流左岸の無名支流を登って555P。…
  3. 摩耶

    青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。
  4. 長峰

    長峰山東面 六甲川右岸の谷を登り下り。連続小滝手前で見落としたものを探しに。
  5. 菊水・鍋蓋・再度

    鍋蓋地獄谷左俣を登る。山頂経由で小部隧道南谷(仮称)を下り大滝に出会う。
PAGE TOP