布引・北野

, , 0

廃道天神谷から支尾根に突入。五層燈籠と石碑群に出会う。

dsc_0254
左俣本流の左手に尾根の末端がある。ここを登る。

dsc_0262
適当に進むとすぐに崩れた階段があり、その上は平坦になっている。


なんでこんなところにこんなモノがあるんだろう。五層の燈籠。智慧光佛、不断光佛、難思光佛と掘られている。瓦の残骸もあり、かつては浄土真宗のお堂でもあったのかな。謎。さらに上へ進む。

dsc_0275
毘沙門天と龙天帝禅?と掘られた石があった。ここにはかつて何があったのだろうか…。

dsc_0279
足元には「四天王」云々と掘られた岩が転がっていた。

dsc_0282
平坦な場所の下に回り込んでみる。しっかりした土台の石垣があった。ここは一体なんなのだろう。経緯をご存知の方いらっしゃれば教えていただけると幸いです。ここを訪れるのは2回目なんだけど、やはり謎。さて、尾根筋へ向けて斜上する。

dsc_0285
尾根筋に乗る。随分明瞭な細尾根。登って行く。

dsc_0291
尾根筋にはいくつか石柱が埋まっている。以前来たときは道筋を示す石柱と思ったんだけど、よく見ると土地の境界を示す石柱のようだ。

dsc_0300
それはこれを見てわかった。十字の切れ込みと名字が書かれている石柱。十字が道筋を示すわけはないし、名字が刻まれるわけはない。

dsc_0305
進んで足元を見ると人工物の残骸。何かしらのレリーフのよう。

dsc_0310
進むと藪。藪の中にも名字が書かれた石柱がひっそりと埋められていた。そして…

dsc_0316
さきほどとはまた違う、残骸があった。若葉模様のような感じ。この周辺にも何かしらあったのだろうか。

dsc_0322
藪を抜けると中山手支線四の鉄塔のところで三森谷の尾根に合流。

1

2

3

散歩がてら山へ。天狗道から掬星台、CAFE702へお茶しに行く。前のページ

楽生公園から上野道経由で掬星台。桜谷を下り、徳川道を経て摩耶別山へ登り返す。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  2. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  3. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…
  4. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  5. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…

ナレッジ記事

  1. 神戸市背山路圖【KOBE HILL MAP】シリーズをやって…
  2. 山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使い…
  3. 六甲山不法投棄とゴミ。神戸市環境局と六甲山美化協力会に問い合…
  4. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…
  5. 菊水山周辺についての下調べ。

ピックアップ記事

  1. 須磨と垂水の区界にある堺川を旗振山まで登り詰める。赤旗谷川を…
  2. 横尾から須磨アルプス。展望ピークから下って天井川。栂尾山へ登…
  3. 祇園神社北尾根から天王谷奥東服へ下る。平野西尾根展望道は廃道…
  4. 水無谷東尾根から灰形山。太陽と緑の道を下って有馬温泉。
  5. 楽生公園から上野道経由で掬星台。桜谷を下り、徳川道を経て摩耶…
  1. 住吉・芦屋

    阪急岡本から八幡谷遡行。ハブ谷を詰めて横ノ池の雌池まで。
  2. 須磨・長田・兵庫

    須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東尾根を下る。
  3. 菊水・鍋蓋・再度

    石井ダムこもれび広場を探索。ドングリの森谷筋を登り、新鈴蘭台公園尾根を下る。
  4. 摩耶

    葺合町古輪谷から旧摩耶道を経て山門ノ谷へ。その後配水管の続きを確認しておく。
  5. 布引・北野

    廃道天神谷から支尾根に突入。五層燈籠と石碑群に出会う。
PAGE TOP