摩耶

, , 0

天狗峡からトゥエンティクロス。二十渉堰堤上流支沢から黒岩尾根を経て掬星台へ至る。

2016年4月29日 金曜日。10:00起床。RIKIのシナモンミルクとカフェオレで目覚める。寝ている間に妻は元町まで出かけていたようだ。シナモンミルク…旨すぎる。のんびりしてから山へ行く。

DSC_0236
13:30過ぎに出発。毎度の新神戸から新幹線駅を潜って登山道に入る。駅から布引の滝までは0.4km。

DSC_0249
市街地からわずかで布引の滝 雄滝に到着。14時前。この季節、この時間は陽の加減でかなり白く見える。

DSC_0253
やや波立つ布引貯水池。今日は放水隧道に流れはなかった。どういう基準で調節しているんだろう…。

DSC_0261
櫻茶屋を過ぎて、縦走路が右に曲がる地点。「天狗道マヤ六甲」道標があるところからまっすぐ奥に進む。すぐに新市ヶ原砂防堰堤、右の斜面を攀じ登る。

DSC_0275
天端には光ファイバーケーブル接続箱らしきものが見える。布引の集落用かな。堰堤は平成元年完成。H30mL65mと比較的大きい。

DSC_0278
堰堤上流側、渡り部分は幅が狭く片足分しかないので注意する。トラロープを頼って崖を下りる。

DSC_0286
堰堤の間詰めを2段下ると、昔のハイキング道がある。が、そちらへは向かわず、左手さらに下っていく。

DSC_0290
右岸は高雄山の東斜面。急峻な天狗峡の始まりあたりにあたるのかな。

DSC_0294
堰堤の裏法には送水管が突き刺さっている。下流側の浄水設備に繋がっているんだろう。苔の辺りまでは増水するのが常なのかな。

DSC_0297
新市ヶ原砂防堰堤から上流へ進んでいき天狗峡に入る。ゴルジュチックな場所。左岸には常に送水管が走る。

DSC_0302
両岸から岩屑が落ちてきている。奥に小滝。堰堤ができる前は険しかったんだろうと思える。この地点の右岸に…

DSC_0310
滝があった。6mくらい。今度この谷を詰めてみたい。高雄山のどこに出るのかな。

DSC_0318
小滝を越えると谷が右に曲がる。右岸は20mほどの岩壁となっている。なかなかの迫力。

DSC_0339
進んで滑滝。生田川の中ではなかなか目にされることがない滝だと思う。

DSC_0345
記録として正面からも1枚撮っておく。新市ヶ原砂防ダムができる前はメジャーだったのだろうか…。


滑滝の上部。奥に堰堤が控える。手前には崩壊した石積みの谷止。

DSC_0360
実物の断面図はなかなかお目にかかれないので1枚。中は大きめ、外に行くほど小さな岩になっている。割りとランダムなんだなぁ。

DSC_0367
市ヶ原砂防ダムの下流のアーチ型取水堰堤(市ヶ原砂防ダムの副堰堤なのかな)。Google Earthでも際立って見える場所。右岸は岩場になっているので、左岸に移動する。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  2. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  3. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  4. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  5. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…

ナレッジ記事

  1. 六甲山でのドローン撮影について神戸市に問い合わせた結果。
  2. 布引貯水池管理橋の先にある謎のレンガ造りの建物について。
  3. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  4. 記録に残したかった「十王山光明寺 閻魔堂」。
  5. 神戸市北区花山中尾台3丁目、阪神高速7号北神戸線下の「関係者…

ピックアップ記事

  1. 天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道…
  2. 青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。
  3. 菊水第2ルンゼ(仮称)を登る。菊水ルンゼ北の谷から菊水山へ。…
  4. 地蔵谷の大滝左岸支谷から天狗道を経て黒岩尾根の支尾根を登り返…
  5. 天狗峡からトゥエンティクロス。二十渉堰堤上流支沢から黒岩尾根…

姉妹ブログ

PAGE TOP