摩耶

0

17.4km歩いたあとに桜谷北尾根(水道管尾根)を登って掬星台へ。

2016年10月15日 土曜日。久しぶりの快晴。今日の山歩きの主目的は「トゥエンティクロスを示す道標を巡る」こと。一応目的を果たした。最終地点は徳川道・シェール道出合いにある道標。そこから先は徳川道を行くも良し。時間的に急ぎたいので、きついけど桜谷北尾根を登り掬星台まで行くことにした。

dsc_0829
15:13 道標から東へ進むのが徳川道。右斜め上、南東に踏み入るのが桜谷北尾根の取付き。ここまで登り基調で17.4km。いいかげんしんどいけど最後の登りを頑張ろう。ところで仙人、このあと天上寺から山寺西尾根へ、摩耶東谷から六甲へ出て、そこから歩いて家に戻るそう。ここまでの道のりはわからないけど(シェール道から来たのはわかるけど)、なんちゅう体力。そして暗くなるであろう道中は大丈夫なのか。仙人だし、杞憂かな。山道の名称にも精通しているようだった。って当たり前か。

dsc_0851
出だしの部分はやや不明瞭ながらも素直に進めば問題なし。やや滑りやすい斜面が続く。この時間からのシェール道出合いから掬星台に登るにはもっとも合理的かつスピーディ。

dsc_0857
ここまでの道程が長かったので、妻は足がひょいひょい出ないようす。そりゃしんどいよね…。一歩一歩確実に登る。

dsc_0871
水道管尾根というからにはやはり水道管がある。コンクリから剥き出し。にしても、うす〜く巻かれていたようす。シェール道出合いの北西にポンプ場跡があるので、そこからポンプアップしていたのかな。


上空の抜け感、このあたりが一番いい感じ。黒岩尾根方面への見晴らしもいい。そしてそこそこの緊張感があり飽きさせない展開。

dsc_0888
足元にある排気弁。見ようによっては現役のもののようにも思える。まぁ水道管自体朽ちてしまっているから圧力もなにもないだろうけど。

dsc_0894
足元にカマキリがいた。どうもカメラ目線な感じ。と、その横に蛇がいた。危ない…。

dsc_0898
道中2つほどある、鉄板が何重かに巻いてある構造物はなんだろう?補修弁なのかな?

dsc_0902
続いて「神戸市水道制水弁」しっかり形を残している。さて登りもあともう少し頑張ろう。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…
  2. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  3. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  4. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  5. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…

ナレッジ記事

  1. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。
  2. 【神戸100年 写真集】明治以降の山本通周辺の風景。
  3. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  4. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。
  5. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…

ピックアップ記事

  1. 摩耶東谷深谷第4堰堤手前から支尾根へ。旧道跡かも知れない水平…
  2. 天狗岩駅尾根を下り地獄谷経由で赤滝谷遡行、天狗岩南東尾根を下…
  3. 布引五本松堰堤右岸を確認。放水路隧道脇の谷を登って神戸布引ハ…
  4. 見返り岩から丁字ヶ滝を経て丁字谷を登る。
  5. 夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  1. 裏六甲

    船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下ってエデンの園へ至る。…
  2. 布引・北野

    布引雄滝 五瀧不動尊の祠裏手から谷筋を登る。
  3. 摩耶

    寒谷2基目の治山ダム右岸支流を登り、4m級の巨木に出会う。
  4. 住吉・芦屋

    灘区六甲山町南六甲の崩落斜面を見に行く。前ヶ辻谷上流右俣から天狗ノ鼻。
  5. 菊水・鍋蓋・再度

    三森谷東尾根から再度谷の無名支流を下って大滝に出会う。
PAGE TOP