摩耶

0

Black Rock Ridge 黒岩尾根由来の「黒岩」はどれなのか?それを見に行く。


15:55 ここはさすがに石柱があったであろう場所。現在の北区と中央区と灘区が接する地点。プラ製の杭があるのみ。これは過去にも確認済。なんだか悲しいなぁ。さて、今一度灘区と中央区の境を進んでみようと思う。


出だしはそこそこ歩きやすいものの、途中からは斜面のトラバースと行った感じ。何も見当たらず、途中境界線が治山ダムを貫く地点からは尾根通しで下ってしまった。


地蔵谷道道標つうほうプレートち-47-11地点に下り着いた。上流には治山ダム。その左岸袖から斜面に取り付く。この時期なので灌木が煩わしくないのは助かる。


天狗道支尾根の肩、ここも石柱があるんじゃないかと思っていた候補地。隈なく見るも何もなし。


この地点は伐採されて、展望がきく。山頂は目と鼻の先。あと少し頑張ろう。


尾根通しで進むと茶色反射板あたりに出てしまうので、境界線を辿るべく斜面をトラバース。しかしGPSも飛び気味で現在位置が不明。獣道を拾って進んだ結果、かなりズレていた…。GPSの精度はさほど高くないし難しい。


全山縦走・天狗道の案内板がある上手で天狗道に合流。八十ニ号から先、ここまで何も見つけられず。1本くらいは見つけられるかと思ったけど、ダメだった…。これでこの区間を歩いたのは2回目。またいつか少しだけ歩いてみようと思う。


海の丘ベンチから西方。垂水区から向こうはかなりの風雪があるように見える(実際は知らないけど)。ゆっくりしたいものの寒々しいので退散。今日は黒岩をしっかり記録に残せたしそれで満足しよう。17:18の臨時増発便のロープウェーで下山。
P.S まやビューライン、六甲有馬ロープウェーは年次点検で2/13〜2/28までは運休なので要注意です。ところで今日はやたらと子どもに出会った。神戸市少年団の耐寒集中登山なるものが行われていたみたい。

今日歩いた軌跡

< src="http://muscleturtle.jp/wp-content/uploads/2017/02/gsi20170211220335268.html" width="100%" height="1000" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no">

1 2

3

布引貯水池管理橋の先にある謎のレンガ造りの建物について。前のページ

灘区六甲山町南六甲の崩落斜面を見に行く。前ヶ辻谷上流右俣から天狗ノ鼻。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.67・71 イヤガ谷東尾根3本鉄塔手前と菊…
  2. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  3. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  4. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…
  5. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…

ナレッジ記事

  1. 摩耶山周辺の杉の固有名称、天上寺の千年杉などについて。
  2. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  3. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  4. 山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使い…
  5. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。

ピックアップ記事

  1. 裏紅葉谷 七曲滝の向こう側を見に。裏紅葉谷第二砂防ダムから左…
  2. 葺合町周回。苧川谷杉尾谷右俣を登り、旧摩耶道から東山西尾根を…
  3. 六甲川遡行。大土神社脇から入渓、都賀谷上流右俣から丁字ヶ辻ま…
  4. 布引谷の集落跡と地蔵谷の遺構再探訪。地蔵大滝上流左岸の無名支…
  5. 布引雄滝 五瀧不動尊の祠裏手から谷筋を登る。
  1. 摩耶

    亀の滝第二砂防ダムの谷を登る。亀の滝もついでに見ておく。
  2. 布引・北野

    北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
  3. 菊水・鍋蓋・再度

    烏原貯水池放水路隧道を追う。ちりんちりんの滝から放水門まで。
  4. 摩耶

    摩耶山水道管巡り。水道管尾根を下り三枚岩の端を登る。新穂高北の谷を下り水道管谷を…
  5. 摩耶

    二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
PAGE TOP