摩耶

0

Black Rock Ridge 黒岩尾根由来の「黒岩」はどれなのか?それを見に行く。


14:26 黒岩尾根取付。つうほうプレートち-27-3から右手へ。いきなりの急登。


道中は松が多く見られるものの、松くい虫の影響か、多くが切り倒されている。それはそれで休憩ベンチになりそう。


道から逸れて、550mピークあたりから摩耶山を望む。割りと近いように感じるけど黒岩尾根を通すとなかなか近づかない。


606mピークに神戸市境界石の八十二号がある。この石柱から現在の北区と中央区の境を進んで、両区と灘区とが接する地点で折り返し、八十九号石柱がある天狗道555mピークに至る境界線上に7本の石柱があるはずなんだけど…。所在がわかるのは天狗道コルにある1本のみ。あと6本は現存するのかどうか。


境界石から少し進んで道が北西に転換する地点から右へ、支尾根を少し下ると岩がある。これが赤丸で示されている黒岩=Black Rockだ(断言)※マップと地理院地図を重ねるとここだから。こちら側からは貝柱状の小さな岩に見えるものの…。


下から見上げると、巨大とは言えないけどそれなりに大きい。なるほど「黒岩」だなぁと思わされる。木々がなかった頃、摩耶山側からはシンボリックに見えたのだろうと思う。黒岩尾根にはもう一つ大きな岩塊があるんだけど、こちらが際立つ。
「神戸市背山路圖 KOBE HILL MAP」には山道を示す赤線はないし、シリーズ的には一旦終了。というわけで石柱探索と行く。


支尾根をなるべく境界に沿って下っていく。残雪があり、傾斜もあってなかなか真っ直ぐ進むのは難儀。


手前で2つ浅い谷筋(地蔵谷左俣)を通過して尾根に乗る。このあたりにあるんじゃないかと思っていたものの…何も見当たらず。右下、谷方向に下っていく。


危うげな斜面を下っていくと、地蔵谷中俣の段々小滝の下にたどり着いた。氷柱ができている。小雪も降り出し寒い。さらに右手へ斜面を進む。尾根や谷を横断して進むので境界通りに進むのは困難…。ふと「こんな日に何をやっているのか?」と疑問がわくけど、懐にしまう。


堰堤工事時の古びた階段などを過ぎるとパッと視界が開ける。ここは黒岩尾根南側の笹が生い茂る緩斜面のさらに南側。尾根状になっているので快適に進んでいく。

1

2

3

布引貯水池管理橋の先にある謎のレンガ造りの建物について。前のページ

灘区六甲山町南六甲の崩落斜面を見に行く。前ヶ辻谷上流右俣から天狗ノ鼻。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…
  2. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  3. 神戸市境界石No.59 獅子ヶ池東244.9mP付近にて。高…
  4. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  5. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。

ナレッジ記事

  1. 神戸市北区花山中尾台3丁目、阪神高速7号北神戸線下の「関係者…
  2. 【神戸100年 写真集】明治以降の山本通周辺の風景。
  3. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  4. 神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点につ…
  5. 山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使い…

ピックアップ記事

  1. 【KOBE HILL MAP】徳本上人妙号岩 探訪。苅藻川遡…
  2. 二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  3. 布引貯水池周遊。貯水池北西にあるササ谷を抜け再度東谷鉄塔巡視…
  4. 須磨と垂水の区界にある堺川を旗振山まで登り詰める。赤旗谷川を…
  5. 三森谷東尾根から再度谷の無名支流を下って大滝に出会う。
  1. 菊水・鍋蓋・再度

    天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道はあるのか?
  2. 住吉・芦屋

    蛇谷下流から東蛇谷を登る。尾根を経てP715から下って滝ヶ谷右俣。
  3. 摩耶

    東山崩落斜面がどうなっているのか確認。西谷川(狐西谷)支流を登り、東山尾根を下る…
  4. 遠征

    日本の秘境100選No.064 瀞川渓谷をゆく。兵庫県美方郡香美町村岡区
  5. 住吉・芦屋

    住吉道から一部離れて川を溯行。本庄橋手前、森林管理道分岐から廃道田辺谷を登る。
PAGE TOP