摩耶

0

摩耶山を天狗道から登る。道中謎の神戸市石柱を発見。

2017年4月15日 土曜日。7:00起床。外はどうやら雨模様…というわけで二度寝に入って12:06起床。雨も徐々に上がってきているようす。芦屋から有馬へ抜けるにはやや遅い。天狗道で摩耶山へ行くことにした。


自宅を出て新神戸方面へ。フラワーロード沿いの植え込みのチューリップが可愛らしかった。


新布引橋の脇にある桜。今年もろくに花見をしないまま終わってしまったなぁ。新神戸駅をくぐり山道に入っていく。


貯水池周遊路に入って締切堰堤。ブラタモリやってるやん。帰ってからネットで見てみると【ブラタモリのロケ地を歩く「おとな旅・神戸」ブラブラまち歩き特別プログラム】だそう。今日はNo.78の「おいしい水のルーツをさぐる 神戸の水編」みたい。


天狗道取付き手前からハーブ園方面の斜面を見る。結構桜の木があるんだなぁ。いつか吉野の千本桜を見てみたい。


さて稲妻坂へ。P555までは大した距離ではないんだけど、どうもこの斜面は苦手だ…。小雨が降り出す。


しんどくて下ばかり見ながら歩いている。P555手前の階段。何度も歩いていたけどスルーしていた。この石。


よくよく見ると「神戸市」と掘られていた。後から思えばもう少し細かく見れば良かったんだけど…。しんどくてそれどころではない。また今度じっくり四面見てみよう。たまには下を見ながら歩いてみるのも良いもんだ。


行者尾根手前にある茶色反射板。周囲の松などが伐採されていて、こんな感じではっきり見えるようになっていた。「市民のグラフこうべ」の写真で見た天狗道の感じに近くなっている。


ゴロゴロ坂に入って最後の階段を登りきる。左手にある植え込みの石垣にひっくり返る。あぁしんどかった。


背負ってきたのはこれ。オスプレー キャンバー ABSコンパチブル 22+10。スキーでもするかと思っていたけど、こんなところで出番。ジッパーエクスパンションで10L拡張して猫の砂5L×4、ペットボトル0.9L×2、他を詰めて20kg越えでパンパン。
新神戸から掬星台まで休み休みで普段の1.5倍時間がかかってしまった…。重い登山靴を履いて何の苦行なんだろうと思いながらも…ザックを少し大きめのにして、荷物を増やしてまたやってみようと思う。行けるかどうかわかんないけど…。
まやビューライン友の会は更新していないし上野道で帰る。

蛇谷下流から東蛇谷を登る。尾根を経てP715から下って滝ヶ谷右俣。前のページ

摩耶山水道管巡り。水道管尾根を下り三枚岩の端を登る。新穂高北の谷を下り水道管谷を登る。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…
  2. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  3. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  4. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  5. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …

ナレッジ記事

  1. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  2. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…
  3. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  4. 端折っていた写真も別の形で載せたい。Smart Slider…
  5. 地蔵谷についての下調べ。

ピックアップ記事

  1. 岩屋瀧上流 婆谷(ばばだに)を登る。婆谷第二砂防堰堤はいつで…
  2. 焼小場谷(ナバ谷)を登って、最終右俣から長峰山頂天狗塚へ至る…
  3. 花山地獄谷東尾根を登って黒岩を探索後、摩耶山まで歩く。
  4. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  5. 杣谷道支沢を登り寒谷南尾根から谷筋を下り寒谷滝。摩耶第四砂防…
  1. 長峰

    日没岩から日没東谷溯行。三国池から三国岩経由でアイスロードを下る。
  2. 裏六甲

    【古道を歩こう】山田道をできるだけ忠実に辿ってみる。上谷上から森林植物園内へ。
  3. 菊水・鍋蓋・再度

    天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道はあるのか?
  4. 摩耶

    東山崩落斜面がどうなっているのか確認。西谷川(狐西谷)支流を登り、東山尾根を下る…
  5. 布引・北野

    布引五本松堰堤右岸を確認。放水路隧道脇の谷を登って神戸布引ハーブ園に至る。
PAGE TOP