摩耶

, 0

青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。


左俣の滝1段目を登るとその先にはトラロープが垂れている。ホールドもあり、特に頼る必要もない。※今回は全般的に写真が結構ブレている…すみません。


すぐに次の滝。中段で左にスイッチしたんだけど、その部分=乾いた苔の部分とヌメッとした黒い部分の境を越えるのが案外やっかい。足を「せーのっ!」で乗せて越える。


シダ類が生える谷筋を進むと岩壁状の5m滝。この滝はしっかり握れるホールド、所謂ガバがあり、比較的容易に越えられた。


次の滝。少しだけアクロバティック。以前は直登したものの、今回は中段から先の地点で左に逃げた。う〜ん弱気。しかしそれでいい。危険はなるべく回避しながら山歩きを続けたい。


滝を越えると詰めの斜面。以前は本流と思われる谷筋(右)をP555まで詰めた。今日は少し時間も遅いし「なるべく早く学校林道に出たい」、というわけでここから左の谷筋を追うことにした。


左を選択したのはなんだか険しそう=面白そうだったから。思ってることとやってることが矛盾している気もするけど…。


おおぉ、4mほどの小滝に出会った。こういうのに出会いたい一心、まさかこんなのがあるとは…ラッキー。この小滝は比較的問題なく登れた。その先で谷筋は段々ただの斜面になってきて適当に歩きやすいところを進む。


登りついたのはここ。学校林道の脇のこんもりした境界杭がある地点。ここから学校林道を経て東山尾根を下って帰ろう。


今日はすっきりしていて、明石海峡大橋がしっかり見える。ここは神戸らしさが味わえるポイントの1つ。


道標にはいつの間にやら赤ペンキが。これから下ろうとする尾根は「キケン」と書かれている。


「キケン」とされているのはこのザレ場あたりだろうか。この先は右が切れ気味でやや怖さを感じるかも知れない。慎重にゆっくり下ればさほど問題はなさそうに思う。東山尾根の最終地点手前は落葉が深く積もっていて滑りやすいので注意したい。


16:35 中尾町15、神戸茶寮がある地点で山歩きは終わり。今日も無事に終えられた。(にしても今日の写真はどれもこれもブレ気味だった…無念。)
このあと家に帰って身ぎれいにして、アークテリクス、モンベル、石井スポーツなど店舗めぐり。アークテリクスのハーネスはやっぱりお高いなぁ…。

ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  2. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  3. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  4. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  5. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…

ナレッジ記事

  1. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  2. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  3. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  4. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  5. 新湊川水系天王谷川天王ダムの階段立入りについて神戸土木事務所…

ピックアップ記事

  1. 楽生公園から上野道経由で掬星台。桜谷を下り、徳川道を経て摩耶…
  2. 黒五滝から黒五山を登る。北黒五山を経て黒五谷から岡本まで。道…
  3. 岡本 大谷川(西天上谷)遡行。新池を経て打越山まで。
  4. 葺合町周回。苧川谷杉尾谷右俣を登り、旧摩耶道から東山西尾根を…
  5. 坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山…
  1. 長峰

    日没岩から日没東谷溯行。三国池から三国岩経由でアイスロードを下る。
  2. 菊水・鍋蓋・再度

    天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道はあるのか?
  3. 摩耶

    石楠花山南東 六百谷(仮称)を登り六百山を下る。
  4. 菊水・鍋蓋・再度

    菊水第2ルンゼ(仮称)を登る。菊水ルンゼ北の谷から菊水山へ。
  5. 摩耶

    二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
PAGE TOP