摩耶

, 0

青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。

2017年5月28日 日曜日。昨日はモンベル六甲店のクライミングスクールSTEP3、4を妻と受けたため山へ行かず。今日はもちろん山歩きに行く。先週は婆谷本流を登った。そのときに初めて見た大きな滝。それをもう一度しっかり見に行くことにした。滝を見た後は左俣で詰める。


13:40前 青谷道に入る。なんという快晴。これから夏の間に梅雨があるということが受け入れられない。


あけぼの茶屋を過ぎると左手に石垣、その先に階段。これが上田道の入口。ところで上田道の名前の由来って「上田幸月君?」から来ているのだろうか?謎。また調べてみよう。


旧摩耶道までの中間地点には「七面大天女」の祠がある。そういえば由緒などはよく知らないなぁ。これもまた調べておこう。登っていくとやがて旧摩耶道に出合い、摩耶山方面へ進んでいく。


道の脇にコアジサイが咲いていた。ほのかな香りが好き。もうすぐ梅雨なんだなぁ。受け入れなきゃね。


周辺には摩耶山へのナイスなビューポイントがあったりする。


旧摩耶道が折り返すように谷底に向かう地点、その先に廃道と化した水平道が続く。奥には婆谷砂防ダム。


婆谷砂防ダム右岸袖から谷へ下っていく。いくらか踏み跡というか、人が通ったようすが見られる。このあとしばらくはほぼ先週と同じなので端折ります。


2つ谷止を越えた先の右岸、少しばかり分け入ると大きな滝がある。先週は見ただけにとどめておいた。今日は少しだけ先へ進んでみようと思う。西向きなので光がなくうまく写真が撮れない。


とりあえず倒木を越えてみた。クラックを頼って登れるかと思ったけど…これは無理だなぁ。直登は諦めて右の壁から巻くことにした。


なかなかの斜度。木の根を掴んだりしながらえっちらおっちら登っていく。


この滝には上段もあった。その上まで巻いて見下ろす。2段目には割りと広いテラス。支点になりそうな木はあるな…。一旦上流へ進んでみることにした。


すぐに5m滝。右の段々を適当に登る。登った先は岩屑の谷筋。これ以上滝はなさそうなので戻ることにした。


練習がてらロープを使おうというわけで、懸垂下降する。別に使う必要もない場面だけど…。知らない滝の先だったので念のためハーネスなどなど持ってきておいた。


大きな滝から戻って婆谷を進むとすぐに分岐。モタモタしていたので30分以上ロスしている。先週は本流右俣を行った。今週は左俣へ進む。

1

2

岩屋瀧上流 婆谷(ばばだに)を登る。婆谷第二砂防堰堤はいつできるのかしら。前のページ

杣谷源流溯行から無名の谷を下って寒谷北尾根の岩塔へ登り返す。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  2. 神戸市境界石No.67・71 イヤガ谷東尾根3本鉄塔手前と菊…
  3. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  4. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…
  5. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…

ナレッジ記事

  1. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…
  2. 廃道間近 命の道標「つうほうプレート ち 58-4」周辺につ…
  3. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…
  4. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。
  5. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…

ピックアップ記事

  1. 住吉道から一部離れて川を溯行。本庄橋手前、森林管理道分岐から…
  2. 寒谷2基目の治山ダム右岸支流を登り、4m級の巨木に出会う。
  3. 木ノ袋谷 右岸支沢を登って寒谷北尾根608ピークを経て掬星台…
  4. 天上寺のヤマボウシを見に行く。摩耶東谷(旧道)の山腹道探索か…
  5. 天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道…
  1. 須磨・長田・兵庫

    須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東尾根を下る。
  2. 摩耶

    地蔵谷の大滝左岸支谷から天狗道を経て黒岩尾根の支尾根を登り返す。
  3. 摩耶

    生田川流域廃ポンプ場巡りの下見。その後北ドントリッジを経て森林植物園の下見。
  4. 住吉・芦屋

    高橋川水系 要玄寺川(中野村谷川)遡行。阪神深江から薬科大脇を抜けてドブ返し池ま…
  5. 住吉・芦屋

    坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山道で山上駅まで。
PAGE TOP