住吉・芦屋

, , 0

奥山精道線カーブNo.10から破線道の谷を行く。ゴロゴロ岳から六麓荘を経て苦楽園の「豆仁」まで。


谷筋を進むと突如謎の水路が現れる。谷筋の途中からこんなにはっきりした水路を見たのは初めて。なんなんだろうか?気になるのでこの水路を追ってみることにした。


ふと左手を見るとパイプが見られた。おそらく水路は古いもの。あちらの配水管?が新しいものなんだろうと思う。が、よく知らない。


登っていくとすぐに大きな石垣に阻まれた。水路は石垣の手前を左へ巻くようについている。同じく左に抜けていく。


奥山水道の取水設備らしきものの場所にたどり着いた。ここから斜面を配水管は下っている。先程見たものだ。下流には奥山浄水場の前処理施設があるので、奥池の水を浄水場に運ぶものだろう。さっきの谷筋の石垣は古い貯水槽かなにかで、古い水路を下って芦屋に送られていたんだと思う。すべては単なる憶測。また調べておこう。


その地点から尾根を目指して進むことにした。破線道とは随分ズレてしまったわけだけど、もうどうしようもないし、そんな徒歩道はなかったと思うので諦める。ここから先は記録でも見られる道。


茶色鉄塔をすぎると抜けるような青空が広がる。ここまでは変な道でごめんなさいと言っておく。それにしても蜘蛛の巣が多い。この道は鉄塔巡視路で踏み跡は明瞭。しばらくで柿谷西道に合流する。


大きな岩がある地点、日陰を見つけてしばし休憩。ようやく機嫌が戻ってきたようで一安心する…。


あとはゴロゴロ岳へ向かうのみ。良く言えば緩やかで歩きやすい登りが続いている。しばらくでゴロゴロ岳山頂へ。住宅の裏手の山頂で一息つく。さて下り。山頂から南にはフェンスがあって、フェンスの左手へ入っていく。

1

2

3

イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のクリッカブルマップを作ってみる。前のページ

行者尾根を登って摩耶山の南西面を見る。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  2. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  3. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  4. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  5. 神戸市境界石No.67・71 イヤガ谷東尾根3本鉄塔手前と菊…

ナレッジ記事

  1. 六甲山不法投棄とゴミ。神戸市環境局と六甲山美化協力会に問い合…
  2. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。
  3. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  4. 山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使い…
  5. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…

ピックアップ記事

  1. 猪ノ鼻の頭パノラマ道から長尾谷上流(竹谷〜淸水谷)遡行。記念…
  2. 楽生公園から上野道経由で掬星台。桜谷を下り、徳川道を経て摩耶…
  3. 石井川上流 開ヶ谷を登る。ガーデンレストラン風舎から清水谷を…
  4. 北野谷から布引貯水池周遊。貯水池西にある奥サブ谷から浅間ヶ丘…
  5. 水無谷東尾根から灰形山。太陽と緑の道を下って有馬温泉。
  1. 住吉・芦屋

    黒五滝から黒五山を登る。北黒五山を経て黒五谷から岡本まで。道中謎の水平道。
  2. 布引・北野

    布引五本松堰堤右岸を確認。放水路隧道脇の谷を登って神戸布引ハーブ園に至る。
  3. 長峰

    焼小場谷(ナバ谷)を登って、最終右俣から長峰山頂天狗塚へ至る。
  4. 摩耶

    亀の滝第二砂防ダムの谷を登る。亀の滝もついでに見ておく。
  5. 住吉・芦屋

    寒天山道東の崩落斜面を見に行く。
PAGE TOP