住吉・芦屋

(更新日: 2023.09.20) , , 0

奥山精道線カーブNo.10から破線道の谷を行く。ゴロゴロ岳から六麓荘を経て苦楽園の「豆仁」まで。


谷筋を進むと突如謎の水路が現れる。谷筋の途中からこんなにはっきりした水路を見たのは初めて。なんなんだろうか?気になるのでこの水路を追ってみることにした。


ふと左手を見るとパイプが見られた。おそらく水路は古いもの。あちらの配水管?が新しいものなんだろうと思う。が、よく知らない。


登っていくとすぐに大きな石垣に阻まれた。水路は石垣の手前を左へ巻くようについている。同じく左に抜けていく。


奥山水道の取水設備らしきものの場所にたどり着いた。ここから斜面を配水管は下っている。先程見たものだ。下流には奥山浄水場の前処理施設があるので、奥池の水を浄水場に運ぶものだろう。さっきの谷筋の石垣は古い貯水槽かなにかで、古い水路を下って芦屋に送られていたんだと思う。すべては単なる憶測。また調べておこう。


その地点から尾根を目指して進むことにした。破線道とは随分ズレてしまったわけだけど、もうどうしようもないし、そんな徒歩道はなかったと思うので諦める。ここから先は記録でも見られる道。


茶色鉄塔をすぎると抜けるような青空が広がる。ここまでは変な道でごめんなさいと言っておく。それにしても蜘蛛の巣が多い。この道は鉄塔巡視路で踏み跡は明瞭。しばらくで柿谷西道に合流する。


大きな岩がある地点、日陰を見つけてしばし休憩。ようやく機嫌が戻ってきたようで一安心する…。


あとはゴロゴロ岳へ向かうのみ。良く言えば緩やかで歩きやすい登りが続いている。しばらくでゴロゴロ岳山頂へ。住宅の裏手の山頂で一息つく。さて下り。山頂から南にはフェンスがあって、フェンスの左手へ入っていく。

1

2

3

イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のクリッカブルマップを作ってみる。前のページ

行者尾根を登って摩耶山の南西面を見る。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  2. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  3. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  4. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  5. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…

ナレッジ記事

  1. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  2. 神戸市立森林植物園の「正しい出入り」について問い合わせる。
  3. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…
  4. 神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点につ…
  5. 端折っていた写真も別の形で載せたい。Smart Slider…

谷筋ピックアップ記事

  1. 鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。
  2. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  3. 布引谷の集落跡と地蔵谷の遺構再探訪。地蔵大滝上流左岸の無名支…
  4. 木ノ袋谷。木ノ袋滝の奥でゴルジュと滝群に出会う。
  5. 摩耶東谷深谷第4堰堤手前から支尾根へ。旧道跡かも知れない水平…
PAGE TOP