住吉・芦屋

0

高座谷からキャッスルウォールを経て荒地山。風吹岩から岡本へ下る。

2019年9月16日 月曜日。二度寝からの11:54起床。お昼の情報番組を見たりしながらのんびり。MGCの結果が話題の中心だったけど、印象に残ったのはテコンドー協会会長。まぁそんなことは置いておいて、三連休最終日というわけで山に行くことにする。


今更ながらMuscleは高座谷周辺にはまっている。気軽に行けるし、レベルに応じて楽しみ方が色々あるし、道はたくさんあるしでもう少し楽しめそう。六甲山を美しくする会の「ロックガーデン詳細図」。実は色々と歩いているのはこのあたりの満足のいく詳細登路図を作ってみたいという思いがあるから。この詳細図は正直やや不満足。


今日は高座谷からスタート。最初の堰堤の地点に異邦人が二人。進むと「風吹岩はどこですか?」と聞かれる。振り返りながら、この写真の位置を指しながら「あそこを登っていけばいいですよ」と答える。こうしてこの地点には道標があるものの漢字と仮名のみ…六甲山の主要な道の道標にはもっと英語表記があっても良いと思う。


高座谷を歩いたのはいつぶりだったっけ…たしか2015年に妻と歩いて以来だ。この不動明王を見て徐々に記憶が蘇る。


進んで荒地山第二堰堤の副堰堤。袖の犬の置物はさておき、この副堰堤の水溜まりには鯉が泳いでいた。前からいたんだっけ?副堰堤内に鯉がいるのはここくらいなのでは?


2015年は奥高座の滝方面へ進んだ。今日はキャッスルウォールへ。


登ってくと岩場の基部。これがキャッスルウォールなんだね。初めて来ました。


一般人は岩場の左側、この溝あたりを登るんだっけ?このさらに左側の登りやすそうな道(ある意味登山道的な部分)を登っていくことにした。


しかしやや満足できずに岩場に寄って行ってみたりする。良い景色だなぁ。


岩場の抜け道的な部分を登っていくと北側には荒地山のボルダー群が見えてくる。


よくわからないけれど、ここがキャッスルウォールを構成する岩場の頂上あたりか。


キャッスルウォールを抜けて東へ登っていくと鷹尾山から荒地山へ至る稜線に合流。荒地山へ進む。

固定ページ:

1

2

【近況報告】大型二種取得に向けて。加美自動車教習所で2日連続でペーパードライバー教習。前のページ

高座谷からブラックフェイス周遊。素敵な旦那との出会い。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  2. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  3. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  4. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  5. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の山本通周辺の風景。
  2. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  3. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…
  4. 城山展望公園の現在 ハンター谷を登り北野谷西尾根を下る。
  5. 次はどこへ行こうかな。「六甲摩耶再度山路圖」を見て計画をねり…

ピックアップ記事

  1. 岡本 大谷川(西天上谷)遡行。新池を経て打越山まで。
  2. 蛇谷北山南西の岩稜尾根を登り、南東尾根を下る。芦屋市最高峰周…
  3. 葺合町周回。苧川谷杉尾谷右俣を登り、旧摩耶道から東山西尾根を…
  4. 摩耶ケーブル東の尾根から摩耶東谷を経て摩耶ロープウェー下の尾…
  5. 青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。
  1. 住吉・芦屋

    灘区六甲山町南六甲の崩落斜面を見に行く。前ヶ辻谷上流右俣から天狗ノ鼻。
  2. 裏六甲

    射場山周辺の谷と尾根。岩稜尾根に行こうと思ったら間違えたの巻。
  3. 住吉・芦屋

    住吉川下流域遡行。ゴルジュ、滝、淵。住吉堰堤から小峰ヶ原砂防ダムまで。
  4. 住吉・芦屋

    坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山道で山上駅まで。
  5. 長峰

    長峰山東面 六甲川右岸の谷を登り下り。連続小滝手前で見落としたものを探しに。
PAGE TOP