住吉・芦屋

, 0

高座谷からブラックフェイス周遊。素敵な旦那との出会い。

2019年9月29日 日曜日。6:25起床。午前中は神戸西インター自動車教習所で大型二種免許の技能と学科。帰宅したのは11:20頃。ここ最近ブログの記録に残すような山歩きができていない。昨日も裏山を散歩した程度。今日はそこそこ晴れているし、最近ハマっている芦屋へ行ってみよう。


高座滝下。今日は第29回藤木祭だとかで、賑わっていた。芦屋市が後援になっているんだなぁ。「岩と雪〜」なんて感じの歌を歌っていた。そそくさと間を縫って抜けていく。


前回の山行ではキャッスルウォールを訪れた。今日はブラックフェイスへ行ってみたい。大体の場所は把握しているものの、これといった下調べはろくにしておらず…。


荒地山第二堰堤の鯉は本当に大きいなぁ。何を食べて生きているんだろう?


キャッスルウォール分岐を通過して、奥高座の滝方面へ進む。ところで今日はいつもの小さな荷物に加えて、猫砂5L×2を背負っている。プチボッカながら汗が吹き出す展開。


左奥が奥高座の滝。数年前は妻とそこを登った。今日行くのはブラックフェイス。というわけでここは右俣へ。


右俣にも滝がある。う〜ん、これなら登れるだろうか。


右手のスラブ状から登り始める…が!なんだか背中が重くて自信がなくなった。スラブ2/3地点で戻ることにした。面倒なのでザックを一旦落としてクライムダウン。


というわけで、右俣と奥高座の滝の間にある中央階段状を登っていくことにした。


右俣の滝の上に来た。上から見ても傾斜は緩いし、岩質もしっかりしてそう。これなら登れたか。まぁ無理をする理由もないので巻いて正解。


滝の上の平坦地を抜けて進むとすぐに矢印が2方向に分かれている。右側、谷筋を登っていくことにする。

1

2

高座谷からキャッスルウォールを経て荒地山。風吹岩から岡本へ下る。前のページ

苧川谷の杉尾谷右俣の滝から南の尾根へスイッチ。東山尾根を下る。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  2. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  3. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  4. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  5. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…

ナレッジ記事

  1. 次はどこへ行こうかな。「六甲摩耶再度山路圖」を見て計画をねり…
  2. 菊水山周辺についての下調べ。
  3. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…
  4. 摩耶山周辺の杉の固有名称、天上寺の千年杉などについて。
  5. 端折っていた写真も別の形で載せたい。Smart Slider…

ピックアップ記事

  1. 猪ノ鼻の頭パノラマ道から長尾谷上流(竹谷〜淸水谷)遡行。記念…
  2. 岩屋瀧上流 婆谷(ばばだに)を登る。婆谷第二砂防堰堤はいつで…
  3. 須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東…
  4. 追谷川遡行。追谷墓園奥から市章山の脇を抜ける。浅間ヶ丘道を経…
  5. 布引貯水池周遊。貯水池北西にあるササ谷を抜け再度東谷鉄塔巡視…
  1. 裏六甲

    【古道を歩こう】山田道をできるだけ忠実に辿ってみる。上谷上から森林植物園内へ。
  2. 須磨・長田・兵庫

    石井川上流 開ヶ谷を登る。ガーデンレストラン風舎から清水谷を下って謎の廃虚に出会…
  3. 裏六甲

    裏六甲 中ノ谷を登りシュラインロードを下る。
  4. 裏六甲

    裏紅葉谷 七曲滝の向こう側を見に。裏紅葉谷第二砂防ダムから左俣で詰める。
  5. 住吉・芦屋

    住吉道から一部離れて川を溯行。本庄橋手前、森林管理道分岐から廃道田辺谷を登る。
PAGE TOP