摩耶

0

前回に引き続き石柱探索で地蔵谷周辺へ。摩耶山海の丘ベンチから小豆島が見えた日。

2020年1月18日 土曜日。10:24起床。なんだかこんな時間に起きる日が多いな…。さて今日は今週頭の月曜日に石柱を探したエリアをもう一度歩いておくことにする。一回歩いたくらいでは発見するのは難しい…というのも目視で探せる範囲は歩いている場所から周囲30m程度が限度で、少し道を外せば見逃してしまうから。


序盤はまやビューラインで端折る。ロープウェーから見える大阪湾がきれいだった。


13:28 掬星台を出て黒岩尾根へ向かう。尾根入り口からすぐの海の丘ベンチ。ちょっと写真ではわかりづらいけど、写真正面奥に小豆島が見える!乾燥した空気のおかげかな。


前回と同じく現在の区境がある付近に来た。Tokiwaさんから「ピークの南側に境があるのが気になる」という旨のコメントをいただいていた。


斜面も含めて周辺をグルグル回るも何も見当たらず…。


改めて85号の石柱。確認してみると4面はそれぞれ東西南北に向いているようだ。2/3は埋まっているね。


85号から82号方面へなるべくまっすぐ下っていくと地蔵谷支流へ出た。周囲にマッチしていない3本杉。脇には新しい境界杭が見られる。


谷へ下りて少しだけ上流へ行ってみる。ここを歩いたのは2015年の冬だったか。谷を後にして次の候補地の尾根に向かう。


登っていくと尾根に出会う。そこは削られた平たい場所。多分堰堤工事かなんかの架線の支柱があったんだろうと思う。もう4回はここに来てるなぁ。しかしやはり何も見当たらない。


さきほどの尾根から谷へ下ってまた登る。そこにはまたもやコンクリの境界杭。一応それなりのところは歩けているようだけど…。


結局この黒岩尾根側では何も見つけることができなかった。2回目だから1本は見つかると踏んでいたんだけどなぁ。こちら側はこの程度にして天狗道方面へ向かう。

ページ:

1

2

地蔵谷上流域の尾根を登り下りして石柱を探すも空振り。前のページ

久しぶりの山歩きは大師道から山田道を経て谷上まで+近況報告。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  2. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  3. 神戸市境界石No.67・71 イヤガ谷東尾根3本鉄塔手前と菊…
  4. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  5. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …

ナレッジ記事

  1. 神戸市背山路圖【KOBE HILL MAP】シリーズをやって…
  2. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  3. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  4. 菊水山周辺についての下調べ。
  5. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…

ピックアップ記事

  1. 灘区六甲山町南六甲の崩落斜面を見に行く。前ヶ辻谷上流右俣から…
  2. 芦屋川支流ミツガシ谷を登る。黒越谷東尾根を下り奥池へ。観音山…
  3. Tenseien-Path 天清園道(湊山谷)・菊水山・城ヶ…
  4. 芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中…
  5. 夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  1. 長峰

    岩ヶ谷右俣を最奥まで詰めてみる。ジェンガフォールとはこれいかに。
  2. 住吉・芦屋

    黒五滝から黒五山を登る。北黒五山を経て黒五谷から岡本まで。道中謎の水平道。
  3. 住吉・芦屋

    阪急岡本から八幡谷遡行。ハブ谷を詰めて横ノ池の雌池まで。
  4. 布引・北野

    北野谷から布引貯水池周遊。貯水池西にある奥サブ谷から浅間ヶ丘道まで歩く。
  5. 長峰

    昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲小槍を登る。
PAGE TOP