摩耶

0

地蔵谷上流域の尾根を登り下りして石柱を探すも空振り。

2020年1月13日  月曜日。10:24起床。昨日思わぬところで神戸市境界石85号を見つけたわけで、今日はその前後の石柱を探しに山に行くことにした。結論はタイトルにある通り空振りで発見に至らず。「どこを歩いたか」という記録をつけておこうと思う。


昨日の記録から今後の探索予定地として設定したもの。今日はこのあたりを一通り歩くつもり。


12:28 虹の駅を出てロープウェイへ。掬星台からスタートするためまやビューラインを登りで利用。年パスを有効に使いたいところ。


現在の神戸市中央区の端っこまできた。ここまでも一応怪しげなところを探してみるのもの、同様のプラ杭があるだけだった。


昨日見つけた85号の石柱へ来た。今一度天辺の切れ込みを観察してみる。…がよくわからず。しかしこうして後から写真を見てみると、写真上部から中央やや左へ線があり、左上へ鋭角に折れているように見える…気がする。前後の石柱の距離感から、もしかしたらここが三角形部分かもしれない。しかしだとすると方向は明後日。小さいながら木の根元にあるし、埋まっているし方向が変わったかもしれない。


石柱から先は昨日歩き損ねた尾根に向かう。しかしなにも見つからず結果地蔵谷に合流。少し下流へ進んでいく。


さて、写真奥(地蔵谷第四堰堤手前)に見える小さな稜線、ここを登ることにする。


尾根を登り始めるとすぐ右手にパックリ割れた岩。


尾根を詰め切る手前でトラバースするも段々と危うい展開に。ここは天狗道の顕著な岩場の下あたり。


どうにも危なくなって一旦天狗道に出た。次の尾根を下るべく一旦天狗道を数メートル下って再び脇の尾根を下る。


なかなか下りづらい岩稜の尾根で、時間をロス。


黒岩尾根606Pを正面に見る、なかなか良い大きな岩があった。しかし足元を見てみると2つの岩に支えられているだけで、なかかな不安定な岩だった。下っていって地蔵谷に合流し、上流側へ。


第四堰堤の際から下る。堤内はすぐ左手に支流、ほんの少し上流側に左俣の支流、右俣本流がある。支流の間にある黒岩尾根に続く小さな尾根を登る。

登った尾根からトラバース後、別の尾根に乗って下って再び地蔵谷。正直、この黒岩尾根に続く小さな尾根で1本は見つかるだろうと踏んでいたんだけど、結局何も見つけられなかった。しょんぼりしながら、急ぎ足で市ヶ原、新神戸へと下っていく。


雄滝手前からコンクリの九十九折の坂道を下っていくと、大きなイノシシの親子に遭遇。正面でにらみ合っても逃げないからこれは危ない個体、逃げるように徳光院方面から回り込んで17:43に新神戸。すっかり真っ暗だ。
実は83号あるいは84号は見つけられるだろうと踏んでいたものの、そう甘くないね。もう少しこのエリアを歩いてみうようと思う。

今日歩いた軌跡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  2. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  3. 神戸市境界石No.67・71 イヤガ谷東尾根3本鉄塔手前と菊…
  4. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  5. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…

ナレッジ記事

  1. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  2. 六甲山でのドローン撮影について神戸市に問い合わせた結果。
  3. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…
  4. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…
  5. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。

ピックアップ記事

  1. 布引谷ルンゼの先で昭和初期の念仏碑に出会う。
  2. 北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
  3. 西滝ヶ谷右俣から西お多福山。周遊歩道を西へ下って水晶谷から極…
  4. 須磨と垂水の区界にある堺川を旗振山まで登り詰める。赤旗谷川を…
  5. 学習の森から洞川キャンプ場を経て妙賀山へ登る。谷筋へ下り、北…
  1. 裏六甲

    裏紅葉谷 七曲滝の向こう側を見に。裏紅葉谷第二砂防ダムから左俣で詰める。
  2. 布引・北野

    新市ヶ原砂防ダム上流の支沢から高雄山へ。鶏鳴橋跡へ下り、世継山へ登る。
  3. 住吉・芦屋

    岡本 大谷川(西天上谷)遡行。新池を経て打越山まで。
  4. 菊水・鍋蓋・再度

    天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道はあるのか?
  5. 須磨・長田・兵庫

    横尾から須磨アルプス。展望ピークから下って天井川。栂尾山へ登り返して文太郎道。
PAGE TOP