摩耶

, , 0

天狗峡からトゥエンティクロス。二十渉堰堤上流支沢から黒岩尾根を経て掬星台へ至る。

DSC_0483
トゥエンティクロスの生田川渡渉地点に下りてきた。左上流側に進む。

DSC_0493
少し進むと橋の手前に「二十渉ポンプ場跡」の六剣水マークの門がある。奥には施設の廃墟。入るのもアレなので、橋を渡る。

DSC_0515
二十渉ポンプ場の下にはこのような構造物がある。いつ頃まで稼働していたのか。

DSC_0522
さらに進んで二十渉堰堤。ここの巻き道は苦手な部類。めんどくさい。

DSC_0524
水通しの丸太がなくなっていた。(新たな残骸が残っているけど) たまに増水して水通しを越えているのかな。結構な水量になると思うんだけど。そんな雨あったかな?

DSC_0527
二十渉堰堤を越えてのどかなハイキング道となる。数メートル先の右手、そこに生田川の支沢がある。

dsc_0528
二十渉堰堤の上流の支沢に来た。左岸に丸太で飾られた意匠の治山ダム。ここから黒岩尾根まで谷筋を進んでいく。ハイキング道から見えるということでこのような意匠にしたんだろう。

dsc_0537
2基目のダム。ハイキング道からは見えないし、もういいと思うんだけど。さらにもう1基同じ意匠のダムがある。

dsc_0545
3基目の丸太ダムを越えると4m小滝。上部に2m+1m小滝。奥には治山ダムが控える。左から越える。

dsc_0560
ダム天端から対岸のようす。露岩が見える。あのピークはどこだったかな。また登ってみよう。

dsc_0576
手前で小滝を越えて2mスラブ状小滝。奥には小規模谷止、右から越える。谷止を越えた地点で右岸に支流があった(写真は本流)。まっすぐ進む。

dsc_0594
岩屑多めで水量はなくなってくるんだけど、右岸の岩壁からは水が滴る。進んで治山ダムが聳え立つ。

dsc_0616
ダム正面右、左岸から越えてきた。対岸は岩が迫り出している。危ない。ダム天端から下流側は眺望が開けていた。奥は北ドントリッジとかかな、多分。

dsc_0631
崩落したと思しき岩屑が谷を埋めている。落石に注意して登って行く。

dsc_0649
ガレ場をしばらく登ると岩屑溜まりがなくなり、砂まじりの斜面になる。両岸カブり気味。奥で谷が右に曲がる。

dsc_0659
上方が明るくなってきた。崩壊具合がさらに凄みを増してくる。

dsc_0671
コル手前左岸のようす。随時崩落している感じ。コルに着くまでなかなかの急斜面。なんとか登り切る。

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  2. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  3. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  4. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  5. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…

ナレッジ記事

  1. 国土地理院電子国土Webで登山ルートマップを作る。山行記録の…
  2. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  3. 摩耶山周辺の杉の固有名称、天上寺の千年杉などについて。
  4. 六甲山不法投棄とゴミ。神戸市環境局と六甲山美化協力会に問い合…
  5. 山に行けないので、家に篭って本を読む。関西周辺の谷、生と死の…

ピックアップ記事

  1. 奥山精道線カーブNo.10から破線道の谷を行く。ゴロゴロ岳か…
  2. 摩耶東谷深谷第4堰堤手前から支尾根へ。旧道跡かも知れない水平…
  3. 五助東谷(仮称)を登って五助山。五助尾根右手の700mピーク…
  4. 廃道天神谷から支尾根に突入。五層燈籠と石碑群に出会う。
  5. 青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。
  1. 住吉・芦屋

    西滝ヶ谷右俣から西お多福山。周遊歩道を西へ下って水晶谷から極楽渓岩塔状バットレス…
  2. 菊水・鍋蓋・再度

    鍋蓋地獄谷左俣を登る。山頂経由で小部隧道南谷(仮称)を下り大滝に出会う。
  3. 摩耶

    葺合町周回。苧川谷杉尾谷右俣を登り、旧摩耶道から東山西尾根を破線道通りに下る。
  4. 住吉・芦屋

    蛇谷下流から東蛇谷を登る。尾根を経てP715から下って滝ヶ谷右俣。
  5. 摩耶

    摩耶東谷深谷第4堰堤手前から支尾根へ。旧道跡かも知れない水平道を辿る。
PAGE TOP