菊水・鍋蓋・再度

, 0

三森谷東尾根から再度谷の無名支流を下って大滝に出会う。

2016年4月30日土曜日。午前からの仕事を終えて帰宅後、随分遅いけど、16時に自宅を出発。山に向かう。


北野通を西に進んで、関西ユダヤ教団の施設を右に見て北へ坂道を登る。正面に見えるのが三森谷。尾根は右の高いところ。


道なりに進んでいくと北野町西公園。階段の奥にあるイノシシ柵を開けて山道に入る。柵を開けて進んで数メートル。正面奥は三森谷の山腹を進む道。左下は三森谷へ下る道。手前右に折り返すように尾根道方面へ進む。


出だしは水平道的な道。先で九十九折の登りになる。年中落ち葉が積もる滑りやすい道。纏リスからは、ややまっすぐに登る形になる。


踏み跡は明瞭ではないけど、進む方向に迷うことはない。素直に登って行けば問題なし。(右奥に進み、左折していく感じ)


しばらく進んでピークに向けて登る。この周辺、秋はどんぐり祭り状態になる。アク抜きして炒って食べたてみたけど、なんとか食べられた。


約330mピーク。この時期は樹間から、ホテルオークラ方面にやや眺望がある。20分程度で330m駆け上がるのでなかなかしんどい道。


手前で鉄塔を通過して東方。手前天神谷東尾根から遠方、大杉から摩耶山山頂まで見える。


進んで道標がある。行き止まり方面から来た。ここから奥へは進まず、手前左下に下っていく。


下って再度ドライブウェイ。奥の階段は浅間ヶ丘記念碑道。何度も行っているので、今回はこの右下、谷に下ってみる。


斜面を適当に下っていく。この谷は歩いていなかったなぁ。歩く意味もないんだけど。どこの支流を歩いているのかも、この時点ではよくわかっていない。浅い谷筋を下っていく。

1

2

天狗峡からトゥエンティクロス。二十渉堰堤上流支沢から黒岩尾根を経て掬星台へ至る。前のページ

二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  2. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  3. 神戸市境界石No.67・71 イヤガ谷東尾根3本鉄塔手前と菊…
  4. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…
  5. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…

ナレッジ記事

  1. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…
  2. 神戸市北区花山中尾台3丁目、阪神高速7号北神戸線下の「関係者…
  3. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  4. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。
  5. 摩耶山周辺の杉の固有名称、天上寺の千年杉などについて。

ピックアップ記事

  1. 追谷川遡行。追谷墓園奥から市章山の脇を抜ける。浅間ヶ丘道を経…
  2. 二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  3. 五助東谷(仮称)を登って五助山。五助尾根右手の700mピーク…
  4. 苧川西谷西道はやはり廃道か。
  5. 花山地獄谷東尾根を登って黒岩を探索後、摩耶山まで歩く。
  1. 菊水・鍋蓋・再度

    菊水第2ルンゼ(仮称→菊水北ルンゼ)を登る。菊水ルンゼ北の谷から菊水山へ。
  2. 長峰

    日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
  3. 住吉・芦屋

    黒五滝から黒五山を登る。北黒五山を経て黒五谷から岡本まで。道中謎の水平道。
  4. 菊水・鍋蓋・再度

    天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道はあるのか?
  5. 菊水・鍋蓋・再度

    鍋蓋地獄谷左俣を登る。山頂経由で小部隧道南谷(仮称)を下り大滝に出会う。
PAGE TOP