裏六甲

0

谷上駅から南西の丸山を登り、かがやきの径を経て森林植物園に至る。

2016年7月24日日曜日。今日はお一人様。17:30から美容室の予約を入れているので、短いところを行ってみよう。というわけでイメージが掴めずにいる課題の「かがやきの径」を登ることにした。


12:20 北神急行谷上駅で下車して西へ。山田道分岐を過ぎて「神鉄駐車場」奥は公道らしいので進む。名も知らぬ神社があった。すぐ上を高速道路が走っている。


神社手前から西を見ると進入禁止のフェンスが見える。進むのは無理みたい。神社から東、谷上駅方向を振り返る。右奥へ続く道を行くことにする。


進んですぐ、右手には高速をくぐれるような道がある。ここを進もう。(写真左手、道なりにまっすぐも進めるようす、また行ってみたい。)


阪神高速7号北神戸線をくぐると途端にこのような状態に…。放置されているみたい。フェンス沿いを右奥に進む。

昨日に引き続いて藪。決して好んで歩いているわけではなく、地図にある破線道を辿ってみたいだけ。少し先で折り返す。折り返し地点から先も執拗な藪。掻き分けて進む。と、右手上に側溝が見えたので辿る。

辿って行くと、再び折り返し地点となる。奥のフェンスから右手、南へ進む。フェンスに挟まれた道。右手には謎の廃屋があった。大体四畳半ほどのスペースの建物。なんだろうか。


とっても浅い谷筋。ここが破線道らしいので進むことにする。登っていくと、破線道が西に転換する地点にピンクテープがあった。西へ進むとすぐに特徴的な倒木がある。さらに斜面を進んで東に折り返すと…


鉄塔があった。今進んで来たのは鉄塔巡視路なのかな?だとしても過去の話で、現在はとても歩かれているとは思えない道だった。さらに東へ、正面奥へ登っていく。


少しばかり登っていくとピークがあって、そこから丸山山頂までは平坦な道が続く。山容自体かなり平坦。


410.9m丸山三等三角点に至る。ここから先は地理院地図上に破線道はない。適当に南へ下ってしまった。(あとで戻ってくることになる)

ページ:

1

2 3

船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下ってエデンの園へ至る。前のページ

市バス25系統停留所の名称について問い合わせる。だいりゅうじ?しょうがはら?次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  2. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  3. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  4. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  5. 神戸市境界石No.67・71 イヤガ谷東尾根3本鉄塔手前と菊…

ナレッジ記事

  1. 山に行けないので、家に篭って本を読む。関西周辺の谷、生と死の…
  2. 記録に残したかった「十王山光明寺 閻魔堂」。
  3. 山行記録のまとめ方改その2。地理院地図でルートのまとめを作成…
  4. 六甲山不法投棄とゴミ。神戸市環境局と六甲山美化協力会に問い合…
  5. 布引貯水池管理橋の先にある謎のレンガ造りの建物について。

ピックアップ記事

  1. 石井川上流 開ヶ谷を登る。ガーデンレストラン風舎から清水谷を…
  2. 2日連続布引谷へ。神戸市中央区葺合町山郡 謎の水平道と286…
  3. 二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  4. 布引谷ルンゼの先で昭和初期の念仏碑に出会う。
  5. 夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  1. 住吉・芦屋

    蛇谷下流から東蛇谷を登る。尾根を経てP715から下って滝ヶ谷右俣。
  2. 須磨・長田・兵庫

    防火線尾根の現在。平野西尾根展望道(天王谷東尾根)を改めて歩く。鉄塔管理道を経て…
  3. 住吉・芦屋

    五助東谷(仮称)を登って五助山。五助尾根右手の700mピークから下って水晶谷左俣…
  4. 裏六甲

    水無谷東尾根から灰形山。太陽と緑の道を下って有馬温泉。
  5. 菊水・鍋蓋・再度

    学習の森から洞川キャンプ場を経て妙賀山へ登る。谷筋へ下り、北鈴蘭台駅まで。
PAGE TOP