裏六甲

, 0

船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下ってエデンの園へ至る。

2016年7月23日土曜日。今日ほど行くところを決めていない日はなかった。8:37起床。バケモノの子の録画を観てから出発。新神戸駅へ向かい12:56発の北神急行に乗って、有馬温泉駅まで。

DSC_0008
さくらやまなみバスの本数は本当に少ない。12:05の次が13:45発。袂石の由来などを見ながらしばらく過ごす。

DSC_0012
13:56 舟坂橋バス停で下車して真向かい。車が停まっている。この右手…

DSC_0016
「ほんまもん」有機野菜の無人直売所がある地点から進んでみる。(あとから思えば野菜を買ってみれば良かった。)

DSC_0020
進むと右手に鶏舎がある。ご飯をもらえると思ったのか、すごい勢いで寄ってきた。ごめんなさい。すぐ先で人家となったので戻る。

DSC_0030
戻って、停まっている車の奥へ畦道を進んでみることにする。なんとも牧歌的な光景。

DSC_0031
船坂谷を登る時は奥に見える民家の脇の舗装路を登って行く。ここから左奥へ進んでいくと…

DSC_0033
これは進めるのかどうか…。道無き道といった感じ。蛇が心配だけど踏み込んでいく。

DSC_0037
進めど進めどこんな感じ。地理院地図の破線道を進んでいるはず。

DSC_0045
踏み跡が見えてきた。先で竹林になる。

DSC_0048
竹林に入ってからロスト。樅ノ木谷へ下ってしまいそうになる。どうも破線道から離れていっている。左手へ、竹林を彷徨う感じ。

DSC_0062
どうにか踏み跡を見つけ、登っていく。

DSC_0065
安心したのも束の間、再び藪漕ぎとなる。

DSC_0070
どうにか明瞭な踏み跡、尾根筋に出た。ここまでの展開に項垂れてしまった妻に先行してもらう。

DSC_0085
しばらくはしっかりした踏み跡があり安心。尾根筋を辿ったあと、やや下って峠に至る。

1

2 3

海の日の山行。須磨浦公園からロープウェイに乗り「名勝馬の背」須磨アルプスへ。前のページ

谷上駅から南西の丸山を登り、かがやきの径を経て森林植物園に至る。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  2. 神戸市境界石No.78 再度山山頂の北側にて。蛇ヶ谷右岸から…
  3. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  4. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…
  5. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。

ナレッジ記事

  1. 神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点につ…
  2. 布引貯水池管理橋の先にある謎のレンガ造りの建物について。
  3. 国土地理院電子国土Webで登山ルートマップを作る。山行記録の…
  4. 山に行けないので、家に篭って本を読む。関西周辺の谷、生と死の…
  5. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。

ピックアップ記事

  1. 坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山…
  2. 布引谷をウロウロ。谷川橋からごく短い谷を登る。
  3. 【古道を歩こう】山田道をできるだけ忠実に辿ってみる。上谷上か…
  4. 裏六甲 中ノ谷を登りシュラインロードを下る。
  5. 八王子川支流滝谷(小屋ヶ谷)を登って古寺山 昔の表参道を下り…
  1. 摩耶

    岩屋瀧上流 婆谷(ばばだに)を登る。婆谷第二砂防堰堤はいつできるのかしら。
  2. 住吉・芦屋

    蛇谷下流から東蛇谷を登る。尾根を経てP715から下って滝ヶ谷右俣。
  3. 摩耶

    布引谷の集落跡と地蔵谷の遺構再探訪。地蔵大滝上流左岸の無名支流を登って555P。…
  4. 摩耶

    亀の滝第二砂防ダムの谷を登る。亀の滝もついでに見ておく。
  5. 長峰

    昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲小槍を登る。
PAGE TOP