菊水・鍋蓋・再度

, 0

学習の森から洞川キャンプ場を経て妙賀山へ登る。谷筋へ下り、北鈴蘭台駅まで。

DSC_0160
グラウンドはネットで囲まれているので外を回ってきた。右に見えるのは先ほどの白色鉄塔。地図の平坦な部分はグラウンドだったのか…。


こんもりしたところが妙賀山山頂だろう。グラウンドの外を再び進む。

DSC_0165
ネット外周は土が盛られたようになっている。その内流されていきそう。歩きにくいところを進む。

DSC_0171
ここか山頂。まったく眺望がない…。三角点も見当たらない。2007年に架けられたと思われる記録があった。六甲山系でも登られることが少ない山頂だと思う。グラウンドとして削られる前はどんなようすだったのか知りたいところ。

DSC_0175
山頂から少し南に来た。東(左手)に下った先の谷に破線道があるようなので斜面を下っていく。

DSC_0180
ズリズリしながら下って谷筋。踏み跡が見られる。北、上流方向へ進んでいこう。

DSC_0184
途中から道がなくなり沢から少しだけ離れ斜面を進む。

DSC_0185
破線道が対岸に渡る地点に崩壊したであろう構造物。かつて橋が架けられていたと思われる。

DSC_0189
崩れたコンクリ。道があったんだろうけど、ひどく壊れていて放置されているようす。

DSC_0194
藪を掻き分け進んでいくと左手に4mコンクリ壁が現れた。舗装路かと思ったんだけど…

DSC_0196
低いところから腕を伸ばして撮影。溜池だった。なんだあの梯子は…?不気味。


DSC_0200
振り返って写真、左奥から出てきた。ようやく舗装路へ出た。なんだか今日はひたすら辛い道だったなぁ。一休みする。この周辺は歩くのはとても危険だし、もう探索はやめておこうと思う。

DSC_0209
小部峠に至る。出たところが立入禁止だったり反省することしきりな山行だった。北鈴蘭台駅まで歩く。

DSC_0219
汚れているし新開地周りより料金はかかるけど、谷上周りで帰ろう。着替えを済ませる。

ページ:
1 2 3 4

5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  2. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  3. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  4. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  5. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…

ナレッジ記事

  1. 新湊川水系天王谷川天王ダムの階段立入りについて神戸土木事務所…
  2. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  3. 六甲山でのドローン撮影について神戸市に問い合わせた結果。
  4. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  5. 六甲山の砂防堰堤について思う。

ピックアップ記事

  1. 布引雄滝 五瀧不動尊の祠裏手から谷筋を登る。
  2. 追谷川遡行。追谷墓園奥から市章山の脇を抜ける。浅間ヶ丘道を経…
  3. トゥエンティクロス高雄山砂防ダム上流、河童橋奥の谷から黒岩尾…
  4. 苧川天狗谷右俣を詰めて555P。下りは行者尾根で青谷道。
  5. 木ノ袋谷。木ノ袋滝の奥でゴルジュと滝群に出会う。
  1. 裏六甲

    花山地獄谷東尾根を登って黒岩を探索後、摩耶山まで歩く。
  2. 住吉・芦屋

    住吉川下流域遡行。ゴルジュ、滝、淵。住吉堰堤から小峰ヶ原砂防ダムまで。
  3. 裏六甲

    裏紅葉谷 七曲滝の向こう側を見に。裏紅葉谷第二砂防ダムから左俣で詰める。
  4. 布引・北野

    布引五本松堰堤右岸を確認。放水路隧道脇の谷を登って神戸布引ハーブ園に至る。
  5. 須磨・長田・兵庫

    天王谷インターチェンジ東西の尾根。梅元西尾根を経て天王谷IC、IC西の破線道から…
PAGE TOP