レク

0

神戸布引パスポート「布パス」を知る。午前は神戸、午後は宇治。

2016年8月27日土曜日。今日は午後から法事がある。だけど…できるだけ山歩きは欠かさない方針。午前中のちょっと間、歩こう。というわけで、いつもの新神戸から。

DSC_0066今後の山行にあたって確認したいものもあり、とりあえずロープウェイのりばに向かう。

DSC_0069展望所の案内図は掻き消されてしまっている。今日は空気が澄んでいるのか大阪湾を挟んで対岸の山々がよく見える。遊歩道を進む。

DSC_0075神戸夢風船の相性はまだまだ残っている。地域の小さい子が描いたんだろうか。イラストの看板が残る。片道900円、往復なら1400円。往復券を購入し、10:19 ロープウェイに乗る。

DSC_0088ゴンドラから雄滝を見下ろす。日本三大神滝の一つ、布引の滝。新幹線の駅からわずか歩いて行くだけで見える滝。稀有な存在。

DSC_0093布引貯水池もこうして見るといつもと違う趣があっていいなぁ。

DSC_010010:28 ハーブ園山頂駅から進んで時計台。ここを2階に登って奥に進むとハイキング道と合流する。

DSC_0102スラックラインがあったので、何度か往復してみる。自分が思っているほどバランスが良くなく、どうも右に落ちてしまう。偏っているんだなぁ…。


ここから見える黒岩尾根の勇姿はお気に入りの一つ。登るとなるとしんどいんだけど、しっかり運動ができる尾根道。

DSC_0107敷地最奥の扉を開けてハイキング道に入る。ここの鍵は開けきるとズレてしまうので、閉じるのが少しだけ面倒に思う。古くなっていて歪んでしまったんだな…多分。

DSC_0112ハーブ園から先、天狗道と合流するまで、整備されたハイキング道が続く。アップダウンで汗ばんでくる。分岐地点から奥の階段を登る。

DSC_0115鉄塔あたりから西方、ハーブ園から右奥に明石海峡大橋までが見える。尾根道を進む。

DSC_012310:46 天狗道にあるベンチで一休み。今日はここが折り返し地点。奥に見えるのは555P。

DSC_013811:00 ハーブ園山頂駅まで戻ってきた。とっても短い散歩。まぁそれなりの運動。

DSC_0144ハーブ園山麓駅まで戻ってきた。ホワイトボードに神戸布引パスポートの案内があった。なんと年パスがあったのか。今日1,400円払ったんだけど…。これは買わねば。これはまやビューラインより値段の比較でお得じゃないかな。もっと早く知っておけばと後悔しきり…。さて法事へ向かう。

1

2

夜の布引谷 新神戸駅から布引貯水池までハイキング道を散歩する。前のページ

南ドントリッジ、トゥエンティクロス経由で森林植物園にニホンカモシカを見に行く。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  2. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…
  3. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  4. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…
  5. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…

ナレッジ記事

  1. 菊水山周辺についての下調べ。
  2. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  3. 神戸市立森林植物園の「正しい出入り」について問い合わせる。
  4. 神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点につ…
  5. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…

ピックアップ記事

  1. 夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  2. 須磨と垂水の区界にある堺川を旗振山まで登り詰める。赤旗谷川を…
  3. 鍋蓋地獄谷左俣を登る。山頂経由で小部隧道南谷(仮称)を下り大…
  4. 天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道…
  5. 東山崩落斜面がどうなっているのか確認。西谷川(狐西谷)支流を…
  1. 裏六甲

    船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下ってエデンの園へ至る。…
  2. 布引・北野

    布引五本松堰堤右岸を確認。放水路隧道脇の谷を登って神戸布引ハーブ園に至る。
  3. 布引・北野

    布引雄滝 五瀧不動尊の祠裏手から谷筋を登る。
  4. 住吉・芦屋

    芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中断。
  5. 裏六甲

    【古道を歩こう】山田道をできるだけ忠実に辿ってみる。上谷上から森林植物園内へ。
PAGE TOP