摩耶

, 2

南ドントリッジ、トゥエンティクロス経由で森林植物園にニホンカモシカを見に行く。

2016年8月28日日曜日。11:04起床。昨日のお酒が残っているのか、頭が痛いし喉の調子もよろしくない。というわけで近場の散歩にする。


神戸市バス25系統「中山手三丁目」。11月30日から3月末までは冬季運休の区間。掲示の時刻表(H19年)はネットで見るものと全然違う。また確認しておこう。待っている間通り雨に晒される。14:15 バスに乗る。マイナー路線を積極的に利用するスタイル。


14:39 再度公園で下車した。わずかに南に下っていく。ちょっとした広場がある。この右手にあるベンチで毎回日焼けしている人を見る。さて、道標に従い山道へ。


道中はいくつか道標があるんだけど、「行き止まり」なる案内がある。その方向には尾根筋が続いているんだけど、とても進もうとは思えない。


続いて道標。正面奥は行き止まりだ。右下に下っていく。滑りやすいので注意したい。


谷筋を跨ぐ地点に橋がある。注意して渡りましょう。


下った分以上の登り返し。一直線の丸太階段。しんどい…。


階段を登り切るとまたまた行き止まり道標。なぜこんなに行き止まりを示すのか…。行こうと思えば行けるんだけど、わざわざ行く意味もない。


しばらく進むと南ドントリッジに出合う。確認したいものがあるので、手前に折り返すように高雄山山頂方面に進む。

1

2 3 4

神戸布引パスポート「布パス」を知る。午前は神戸、午後は宇治。前のページ

白馬堂へALTRAミドルカットを試し履きしにいく。US12は置いていない。次のページ

コメント

  1. shinji50さん こんばんは!

    迂回路の情報ありがとうございます。
    東門は山歩きはじめてからずっと寄らずで
    (確かしばらくまともに通れなかったような…)。
    こんなようすだったんですね。随分な陥没具合にびっくり。

    カモシカ、やはりカワイイです。

    • shinji50
    • 2016年 8月 29日

    こんにちわ。shinji50です。
    ブログ楽しく読ませていただいています。
    さて、森林植物園東門すぐの足元注意表示ですが、もしかして2014年台風のときの迂回路ではないかと思います。山行記録に当時の写真ありますので、よかったらご覧ください。
    https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-534371.html
    https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-513800.html

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  2. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…
  3. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  4. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  5. 神戸市境界石No.78 再度山山頂の北側にて。蛇ヶ谷右岸から…

ナレッジ記事

  1. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…
  2. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  3. 神戸市立森林植物園の「正しい出入り」について問い合わせる。
  4. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  5. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。

ピックアップ記事

  1. 日柳川右岸支流の三又谷を登る。
  2. 摩耶山水道管巡り。水道管尾根を下り三枚岩の端を登る。新穂高北…
  3. 青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。
  4. 長峰山北面の谷。西谷の6m滝手前から支流に入って長峰山天狗塚…
  5. 船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下っ…
  1. 摩耶

    摩耶山水道管巡り。水道管尾根を下り三枚岩の端を登る。新穂高北の谷を下り水道管谷を…
  2. 摩耶

    摩耶東谷深谷第4堰堤手前から支尾根へ。旧道跡かも知れない水平道を辿る。
  3. 須磨・長田・兵庫

    須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東尾根を下る。
  4. 須磨・長田・兵庫

    【KOBE HILL MAP】徳本上人妙号岩 探訪。苅藻川遡行から鵯越墓園水無池…
  5. 摩耶

    天上寺のヤマボウシを見に行く。摩耶東谷(旧道)の山腹道探索から上流最終右俣を詰め…
PAGE TOP