摩耶

(更新日: 2023.09.20) , 0

楽生公園から上野道経由で掬星台。桜谷を下り、徳川道を経て摩耶別山へ登り返す。

dsc_0242
土砂流出防備保安の看板が転がっていた。これを見ると、シェール道沿いの川が布引谷と示されている。そこは生田川上流域であって、布引谷って雄滝がある周辺の「布引渓流」あるいは「市ヶ原奥の集落一帯」と思っていたんだけど。また調べておかなきゃ。

dsc_0248
四差路に来た。確認事項もあってここはあえて穂高湖堰堤方面に進むことにした。後から写真で見てわかったんだけど、落し物が引っかかっている。

dsc_0261
穂高堰堤下に来た。「シェール道を経て布引谷」とある。布引谷は一体どこからどこまでを指すのか。謎。堰堤を越え、穂高湖をぐるっと回る。

dsc_0264
シェール槍取付きを過ぎて、ダム東側。ダム湖っていうのがよくわかる地点。今日はカヌーじゃなくてパドルボードの体験みたい。なんだか絵になる感じ。

dsc_0288
グルグルしてアゴニー坂取付き。アゴニー坂は「園路」として破線で描かれている。ここでいうところの「園」は奥摩耶遊園地のことなんだろうと思う。

d0065273_16283469「摩耶観光ホテルについて」より引用。

dsc_0293
アゴニー坂途中の岩場から北、六甲山牧場方面はお気に入りの1つ。

dsc_0303別山にある摩耶減圧槽に寄っておく。これは「減圧槽」とあるんだけど、以前水道局に聞いてみたところ、「配水池」の役割とのことだった。
dsc_0322オテル・ド・摩耶入口左奥のお地蔵さんルートはH28.7より通行禁止になっていた。もう通ることもないだろうけど。1回歩いておいてよかった。
dsc_0325オテル・ド・摩耶方面に進んで「こどもの丘」道標手前の道筋。ここは歩いていなかったので歩く。スグで「摩耶の石舞台」岩の丘下に出る。

dsc_0343
17:15 石舞台から東方。手前右は長峰山、奥にガーデンテラス。霧も相まってなかなか良い感じ。遠くから次の行ロープウェーの発車が17:30とのアナウンスが聞こえてきた。名残惜しくも、足早に掬星台に向かう。

1 2 3 4

5

廃道天神谷から支尾根に突入。五層燈籠と石碑群に出会う。前のページ

三森谷東尾根からバス経由。再度公園から仙人谷、洞川梅林管理道周辺を彷徨う。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  2. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  3. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…
  4. 神戸市境界石No.78 再度山山頂の北側にて。蛇ヶ谷右岸から…
  5. 神戸市境界石No.59 獅子ヶ池東244.9mP付近にて。高…

ナレッジ記事

  1. 神戸市北区花山中尾台3丁目、阪神高速7号北神戸線下の「関係者…
  2. 神戸市背山路圖【KOBE HILL MAP】シリーズをやって…
  3. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  4. OSPREYバリアント37がリコール対象になる。2日後には新…
  5. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。

谷筋ピックアップ記事

  1. 坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山…
  2. 蛇谷下流から東蛇谷を登る。尾根を経てP715から下って滝ヶ谷…
  3. 須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東…
  4. 鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。
  5. 灘区六甲山町南六甲の崩落斜面を見に行く。前ヶ辻谷上流右俣から…
PAGE TOP