摩耶

, 0

楽生公園から上野道経由で掬星台。桜谷を下り、徳川道を経て摩耶別山へ登り返す。

dsc_0180
新穂高から流れ込む中谷と徳川道の出合いにある石垣跡。現在の道からわずかに右手にある石垣。

dsc_0184
徳川道石積みの説明板。「対岩の…」は「対岸」の誤記か?その対岸=左岸を見てみる。

dsc_0187
木の根元あたりが石垣状に見える。かつてこの地点は左岸が徳川道だったようす。いつどうした理由で付け替えられたのだろうか…。とりあえず、移動してみた。

dsc_0189
石階段などはないんだけど、やや幅広の部分が見える。この区間は45mほどとあるので進む。

dsc_0191
左下に川を見ながら進むと道が途絶えていた。が、90°曲がってどうやら右奥に進むようす。

dsc_0193
90°曲がって南すぐ。平坦な場所になんだか並んでいるような石がある。先で左に曲がる。
dsc_0207
曲がった先にはさらに道の脇に並べられていたであろう石がまっすぐ並んでいた。さらに進む。

dsc_0211
右手に支流の砂防ダムがあるあたりで道が途絶えてしまった。わすかな踏み跡っぽいのを辿って、左手の本流と支流が交わる地点の谷筋に下りていく。

dsc_0220
ズリズリしながら下りると、対岸に「六甲山系グリーンベルト整備事業」の看板が見える地点。不可解な量の岩屑が見える。橋の土台でもあったのではないだろうか。

dsc_0222
看板から少し下って振り返る。この地点には石畳が敷かれていて、それは徳川道石積みの説明板まで続いている。こうして改めて見るとやや新しいようにも見える。謎は尽きないなぁ。

dsc_0226
dsc_0230

進んですぐ木橋があって、渡った先は残骸がある。昔の木橋に使われていたものだろう。現在の木も随分朽ちてきている。

dsc_0233
dsc_0236

進んで右手を見ると何らかの遺構を匂わせる石積み。傍らに転がる湯飲み茶碗。なんなんだ一体…。モヤモヤしながら徳川道を進む。

ページ:
1 2 3

4

5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…
  2. 神戸市境界石No.78 再度山山頂の北側にて。蛇ヶ谷右岸から…
  3. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  4. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  5. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…

ナレッジ記事

  1. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…
  2. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  3. 神戸市背山路圖【KOBE HILL MAP】シリーズをやって…
  4. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  5. 山行記録のまとめ方。Google ストリートビューで360°…

ピックアップ記事

  1. 鍋蓋地獄谷左俣を登る。山頂経由で小部隧道南谷(仮称)を下り大…
  2. 坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山…
  3. 天上寺のヤマボウシを見に行く。摩耶東谷(旧道)の山腹道探索か…
  4. 社家郷山キレットルートから外れ峰南尾根。小天狗山を経て宝殿橋…
  5. 布引貯水池周遊。貯水池北西にあるササ谷を抜け再度東谷鉄塔巡視…
  1. 布引・北野

    廃道天神谷から支尾根に突入。五層燈籠と石碑群に出会う。
  2. 住吉・芦屋

    阪急岡本から八幡谷遡行。ハブ谷を詰めて横ノ池の雌池まで。
  3. 住吉・芦屋

    蛇谷下流から東蛇谷を登る。尾根を経てP715から下って滝ヶ谷右俣。
  4. 長峰

    日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
  5. 摩耶

    二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
PAGE TOP