布引・北野

0

合の谷を登り錨山から浅間ヶ丘道を経て、神戸市水道七十年史を見に図書館に行く。

2016年11月6日 土曜日。11:36起床。今日は妻が山に行けないのでお一人様。こんな時こそ、危なげな谷に行きたいところだけどもう遅い。図書館にも行きたいので散歩がてら山を歩いてそのまま図書館へ行くことにする。12時すぎに出発。

dsc_0004
13:18 オーストリアの家の脇を抜けて背山散策路に入る。10月23日にも合の谷を歩いたんだけど、髑髏を発見して通報する展開があり頓挫してしまった。もう一回歩いておこうというわけ。

dsc_0010
背山散策路を歩いていってここ。新神戸駅が右奥に見える地点。ここから左手の谷に入る。水流はご覧のように皆無。

dsc_0015
S字状に谷が曲がって3m+2m小滝。倒木を頼ってもいいんだけど、感覚を忘れずにおこうと思い倒木を頼らず登ってみる。わずかにつま先の置き場があって登れた。

dsc_0020
進むと嵩上げの小堰堤。ここも倒木を頼らず左の壁から越えようと思って登ると詰まってしまった。下って素直に倒木を頼って越える…。奥に布引地下換気所の排気塔が見える。
堰堤を越えるとブルーシートなどゴミが散乱している。中には自転車まであった。どこから捨てたんだろう?

dsc_0036
進むと合の谷第二砂防ダム。右の斜面をズリズリしながら登る。堰堤工事の残り物と思われるワイヤーなどがあった。

dsc_0047
土が溜まった堰堤の間詰めを滑るように下りる。四角いプール状。

dsc_0051
一旦堰堤上流に下り立ってみた。滝状なんだけど、これは多分工事で削られた跡だろう。そうにせよ、ここには立派な滝があったんだろうと思われる。

dsc_0054
進むと10mほどの滑滝。

dsc_0059
これまでと比較すると割りと大きな岩が見える。この先にあるのが例の合の谷砂防ダム。

1

2 3 4

坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山道で山上駅まで。前のページ

生田川流域廃ポンプ場巡りの下見。その後北ドントリッジを経て森林植物園の下見。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  2. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…
  3. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  4. 神戸市境界石No.67・71 イヤガ谷東尾根3本鉄塔手前と菊…
  5. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…

ナレッジ記事

  1. 新湊川水系天王谷川天王ダムの階段立入りについて神戸土木事務所…
  2. 神戸市背山路圖【KOBE HILL MAP】シリーズをやって…
  3. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  4. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…
  5. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。

ピックアップ記事

  1. 追谷川遡行。追谷墓園奥から市章山の脇を抜ける。浅間ヶ丘道を経…
  2. 北野遊歩道から桜谷川を下って苧川谷下流。布引ハーブ園へ登り紅…
  3. 天狗岩駅尾根を下り地獄谷経由で赤滝谷遡行、天狗岩南東尾根を下…
  4. 地蔵谷の大滝左岸支谷から天狗道を経て黒岩尾根の支尾根を登り返…
  5. 須磨と垂水の区界にある堺川を旗振山まで登り詰める。赤旗谷川を…
  1. 布引・北野

    苧川西谷西道はやはり廃道か。
  2. 摩耶

    地蔵谷の大滝左岸支谷から天狗道を経て黒岩尾根の支尾根を登り返す。
  3. 住吉・芦屋

    阪急岡本から八幡谷遡行。ハブ谷を詰めて横ノ池の雌池まで。
  4. 長峰

    焼小場谷(ナバ谷)を登って、最終右俣から長峰山頂天狗塚へ至る。
  5. 長峰

    長峰山東面 六甲川右岸の谷を登り下り。連続小滝手前で見落としたものを探しに。
PAGE TOP