住吉・芦屋

, 0

芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中断。

2016年12月23日 祝日の金曜日。9:56起床。昨日はとても暖かく、今日も昨日に至らずもさほど寒くない日。妻は足の具合が良くなく、お一人様。というわけで谷に行くことにした。


11:52 芦屋川駅で下車し北上。今日はとある谷を登るつもりで来た。(中断を余儀なくされたわけだけど…。)まずは気になっていた芦屋川の下流域を歩いてみる。住宅街内にある城山・荒地山分岐からトラバース道へ入る。


芦屋川に下る破線道がある地点。ちょこっと入った地点で進入禁止案内。トラバース道に戻ってしばらく進む。と、谷に下っていくような踏み跡があり、それを頼りに下っていくことにした。


沢床がはっきり見えだす地点から先は危なげな斜面。木に頼って下ってきた斜面を振り返る。


芦屋川に下り立った。先には石積みの小堰堤。左岸の支流に茶色の滝が見える。堰堤を右岸から巻いていく。


6mほどの直瀑。おそらくこの谷は柿谷。こんな滝があったのかぁ。滝左にトラロープが垂れている。通行があるのか…。


本流に戻って遡ると「芦屋山手一番館」の西にある無名の石積み堰堤がある。堰堤際は両岸が壁になっていて通過困難。右岸の斜面から大きく巻くことにした。ハイキング道まで一旦出て、またもや右手、谷方面の踏み跡に入る。


進むとすぐに水場があった。なぜだかカレンダーが散乱。ここから右手は小滝状になっていて、そこを下ることにする。


下から見上げる。比較的足場があって問題なく下れたものの…。危ない。


なんとか堰堤のすぐ上流側に下りついた。


芦屋川って左岸側に道路があって、左岸は嫌だなと思っていたけど、右岸は右岸で切り立った崩れそうな岩場が多いことを知る。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  2. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  3. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  4. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…
  5. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。

ナレッジ記事

  1. 菊水山周辺についての下調べ。
  2. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  3. 市バス25系統停留所の名称について問い合わせる。だいりゅうじ…
  4. 端折っていた写真も別の形で載せたい。Smart Slider…
  5. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。

ピックアップ記事

  1. 岩ヶ谷右俣を最奥まで詰めてみる。ジェンガフォールとはこれいか…
  2. 水無谷東尾根から灰形山。太陽と緑の道を下って有馬温泉。
  3. 追谷川遡行。追谷墓園奥から市章山の脇を抜ける。浅間ヶ丘道を経…
  4. 寒天山道東の崩落斜面を見に行く。
  5. 摩耶山水道管巡り。水道管尾根を下り三枚岩の端を登る。新穂高北…
  1. 摩耶

    生田川流域廃ポンプ場巡りの下見。その後北ドントリッジを経て森林植物園の下見。
  2. 布引・北野

    布引谷をウロウロ。谷川橋からごく短い谷を登る。
  3. 住吉・芦屋

    弓弦羽岳はどこなのか?弓弦羽神社から前ヶ辻谷西道(仮称)を経て三国岩から802.…
  4. 住吉・芦屋

    夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  5. 裏六甲

    猪ノ鼻滝上流右支、岩谷を登る。風呂ノ谷を下って有馬口まで。
PAGE TOP