菊水・鍋蓋・再度

, , , 7

Tenseien-Path 天清園道(湊山谷)・菊水山・城ヶ越・神戸アルプス・甑岩。

Tensei-en Path-天清園道その3


廃屋群をあとにして進んで分岐。中央に看板が見える。なんとか判読できたものの…おそらく所有者を示すもののよう。左へ進む。


手前で藪っぽいところを抜けると左岸には幅広の道が付けられている。とても歩きやすい。


進んで二俣。ある方のブログでも見たように右の方が歩きやすいように見える。が、ここは左へ。中央には石垣が見られ、上は平坦になっているように見える。というわけで寄る。

中央にはシンボリックなブナ科と思われる巨木があった。脇にはトタンや竹などが見られ、平坦になっているここでも何かしら作業をしていたと思われる。

小高いところから戻って左俣へ進むとひどい藪。藪を避けるように左から進んでみると炭焼窯跡のような穴があった。やはりそうした場所だったのだと思う。


その先にはこれまた平坦な場所。ゴミが散乱している。隈なく見ていこう。


タコハイのボトルが転がっていた。これなら比較的新しそう。Muscle的にも記憶がある範囲のものだ。「タコなのよ、タコ。タコが言うのよ。」


さらに一瞬本物かと焦ったけど、ぬいぐるみの中身がブチまけられていた…。


最後の分岐。ここは中央の尾根状を登るのが良さそうだけど、ここも左へ。新しいゴミが散乱していた。


ゴミゴミした急斜面を四足で登る。ガラスの破片がありやしないかとヒヤヒヤ。先には作業小屋みたいなものが見える。

作業小屋の右手に階段があったので寄ってみる。その上は平坦になっていて、お墓の区画のよう。ペットの霊園の予定もあったとか…。先には下る道はなさそうなので一旦戻ることした。


作業小屋の全景。ゴミの先で右下に下っていく舗装路が始まる、道なりに進んでしまったけど、鍋蓋山の山頂が見えてきて間違いだったことに気付いた。

1 2 3

4

5 6 7

菊水山周辺についての下調べ。前のページ

地蔵谷についての下調べ。次のページ

コメント

  1. 最近古地図を手に入れ、生まれた地域に「天清園」記載がありましたが、、、果樹園?屋敷?何なのかわかりません。
    ご存じだったら教えてください。
    ちなみに廃墟は昭和年水害????昭和42年には同級生が住んでいました。

    • 地元民
    • 2018年 4月 26日

    こんばんわ。
    先週思い立って豊国稲荷の跡地を見に行ってきました。謎の4人組に出会いました。年齢は80前後位のおじいちゃんとおばあちゃん、50前後と40前後位の女性2人。神社マニアを装って話しかけてみると、なんと元この集落の住人の方々でした。

    「ここ住まんようなって20年も30年も経つけどたまに見にこんとなぁ」

    とおじいちゃんは言うてました。どうも定期的に来てるようです。

    「昔も帰りはこの神社で一息付いて帰ってたわ」

    とおばあちゃんは懐かしそうに言ってました。やはり昔は沢山人が住んでたそうですが、だんだん減って行ったそうです。
    もっと話聞きたかったんですが、あんまり聞くのも失礼なんで、お礼を言って先を登って行くのを見送りました。

    結局、自分の持ち家、持ち土地なんで定期的に見に来てるんではないかなと。で年齢的事情や経済的事情で、もっと便利なとこに引っ越したんじゃないかなと。というのが私の推測です。

    ですが偶然の出会いに驚きました。

    • 地元民さん おはようございます。

      貴重な地元の方の話ですね。てっきり災害的なものがあったかと思っていましたが、
      その話しぶりからそういう話でもなさそうですね。

      時代の流れだったんでしょうね。
      放棄もされていないということで…もう少し行きたいところもあるのですが
      あそこら辺を歩く時には注意します。

  2. 地元民さん こんにちは。

    住所としては烏原町4丁目などになると思うのですが、ネットでは特に情報が得られませんね。
    途中にある一際大きな廃屋がありますが、地図で見る限り、その谷筋の奥にも廃屋がありそうに思います。

    廃屋の数からして一帯で50人くらいは居たのではなかろうかと思いますが。どうなんでしょう。
    あまり触れないほうが良いものなのか、どうか。
    神戸新聞の過去記事(該当記事があるかどうかは知りませんが)をいつか見てみようと思います。

    • 地元民
    • 2017年 9月 28日

    お返事有難うございます。

    私も気になり、近辺に住む知人数名に聞いてみました。が道が奥まで続いてるのは知っててもだれもその先は知らないとのことでした。期待した元新聞配達員も全く知らず、配達も行ったことがないと言ってました。
    ただ一人60代の人が湊山温泉近くに引っ越してきた20年程前、豊国稲荷までなら行った事があると言ってました。
    その時豊国稲荷のそばに家は無かったか?と聞いてみましたが覚えていないとのことでした。

    私は86年中学卒ですが、その時までは同級生が住んでおり、その奥にも住人が居たはずなんですが、その後のことは結局何も判らずじまいでした。
    もう少し範囲を広げて聞いてみようと思います。

    • 地元民
    • 2017年 9月 16日

    懐かしく、また興味深く拝見させて頂きました。豊国稲荷のすぐそばの家に昔同級生が住んでいました。一度だけ行ったことがあります。
    その時郵便配達のバイクがさらに奥まで走って行くのを見かけました。同級生によると、まだ奥に人が住んでるとのことでした。
    その同級生の消息は中学卒業後は判りませんが、少なくとも80年代後半までは廃屋に住民が住んでいたと思います。

    • 地元民さん おはようございます!

      貴重な情報とお話ありがとうございます。
      こうして地元の方からのあまり表に出ないかつての話がやはり嬉しいです。
      私は「廃屋と言えば、もうそれはイコール水害だろう」くらいの認識でした。
      これは改めねば…。80年代後半ということは比較的最近ですね。私も中学生の時分です。
      ちょっとした集落に見えますので、なぜ捨てられてしまったのか少々謎は残りますが。

      平野の草谷あたりも同じような年代の廃屋のようなものもありましたし、
      ある一定のタイミングで何かしら起こったのかな、とこれまた想像しています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  2. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  3. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  4. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  5. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  2. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…
  3. 山行記録のまとめ方改その2。地理院地図でルートのまとめを作成…
  4. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  5. 廃道間近 命の道標「つうほうプレート ち 58-4」周辺につ…

ピックアップ記事

  1. 北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
  2. 花山地獄谷東尾根を登って黒岩を探索後、摩耶山まで歩く。
  3. 追谷川遡行。追谷墓園奥から市章山の脇を抜ける。浅間ヶ丘道を経…
  4. 蛇谷下流から東蛇谷を登る。尾根を経てP715から下って滝ヶ谷…
  5. 寒天山道東の崩落斜面を見に行く。
  1. 住吉・芦屋

    天狗岩駅尾根を下り地獄谷経由で赤滝谷遡行、天狗岩南東尾根を下る。
  2. 菊水・鍋蓋・再度

    天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道はあるのか?
  3. 摩耶

    法徳寺北尾根(仮称)から崩落現場の上へ。老婆谷を下って摩耶山史跡公園まで。
  4. 摩耶

    寒谷1基目の治山ダム左岸支流から608P。寒谷北尾根を下って焼小場谷(ナバ谷)出…
  5. 住吉・芦屋

    住吉川下流域遡行。ゴルジュ、滝、淵。住吉堰堤から小峰ヶ原砂防ダムまで。
PAGE TOP