菊水・鍋蓋・再度

0

神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経由で再度越まで。


見たかったのがこれ。奥東服山堰堤。竣工平成29年1月で、できたてホヤホヤの堰堤。株式会社 松田組によるもの。最近は白い堰堤が流行っているのか…。


有馬街道に合流。この手前にはゴミゴミしたあまり気持ちの良くない場所があり、辟易…。


通行に注意しながら金星川(極楽谷)まで来た。ここらに境界石があるんじゃないか?とあたりを付けていた。少し先にT字路、菊水GCへの道が左手にある。その反対側に…


なんと!更地のような区画に神戸市境界石が!予想通りでうれしい。しかし肝心の番号部分がコンクリの壁に遮られている。テンションが上がりすぎて、スマホで撮っている自分の影に気づかない始末…。


裏面をなんとか見ようと試みたらあっさり倒れた。どうやら壁に立て掛けられていて、下半分はどこかへ行ってしまったみたい。七十二号だ。いやはや…まだまだあるものだなぁ。天辺の切れ込みは削れて判別できないし、埋まっているわけではないのでここがかつての位置かどうかも不明。立て直しておく。


一応周囲を探索。なんとも古めかしい自販機が。昭和だなぁ。何も発見することもなく…極楽谷へ向かうことにした。


極楽谷の舗装路は何回か歩いているので別の道を歩いてみる。谷に下りて高座第三砂防ダム。1951年3月完成。昭和26年となかなか古い。


水抜きにはパイプが通されていて取水しているようだけど、現役というわけでもなさそう。左斜面を登って尾根に乗る。


斜面を登りきると尾根が崩れている。


その先には謎のおにぎり状のコンクリ構造物。


それらを過ぎるとやけに快適な尾根道になる。


快適なのも納得の鉄塔巡視路。有馬道西線十一のミニ茶色鉄塔。


左奥へ進んでいけば鍋蓋山南西へ。六甲山系アラカルートさんで云う「鍋蓋鉄塔巡視道」。ここから右手へ進み浅い谷筋を下って極楽谷に戻る。

ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  2. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  3. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  4. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  5. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…

ナレッジ記事

  1. 神戸市立森林植物園の「正しい出入り」について問い合わせる。
  2. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…
  3. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  4. 地蔵谷についての下調べ。
  5. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…

ピックアップ記事

  1. 摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
  2. 葺合町古輪谷から旧摩耶道を経て山門ノ谷へ。その後配水管の続き…
  3. Tenseien-Path 天清園道(湊山谷)・菊水山・城ヶ…
  4. 亀の滝第二砂防ダムの谷を登る。亀の滝もついでに見ておく。
  5. 楽生公園から上野道経由で掬星台。桜谷を下り、徳川道を経て摩耶…
  1. 住吉・芦屋

    天狗岩駅尾根を下り地獄谷経由で赤滝谷遡行、天狗岩南東尾根を下る。
  2. 摩耶

    摩耶ケーブル東の尾根から摩耶東谷を経て摩耶ロープウェー下の尾根を登る。
  3. 摩耶

    摩耶東谷深谷第4堰堤手前から支尾根へ。旧道跡かも知れない水平道を辿る。
  4. 須磨・長田・兵庫

    須磨と垂水の区界にある堺川を旗振山まで登り詰める。赤旗谷川を下るもゴルジュに阻ま…
  5. 須磨・長田・兵庫

    天王谷インターチェンジ東西の尾根。梅元西尾根を経て天王谷IC、IC西の破線道から…
PAGE TOP