菊水・鍋蓋・再度

0

神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経由で再度越まで。


なかなか立派な作業道?だったよう。写真左手の木橋は崩れ去っている。幅広の道を下って極楽谷へ。小滝がある地点に下りついた。


巨大なクスノキを右に見たり、神戸実業学院を左に見たりしながら進むと、折り返すように右手斜面に新しい林道が!ちょっと歩いてみよう。


治山ダムを巻くように道が付けられている。このダムは用無しになってしまったのか。さらに進んだ先で突如として道は終わっていた。多分、多目的管理道の整備中なんだろうと思う。林道に戻る。台風被害で崩れていた部分も直されていた。


七三峠下。なぜかトンネルの扉が開いている。ここが通れないという理由でなら多目的管理道は必要なもよう。しかし何に使う道なのやら?


「ここは七三峠」道標から北へ数メートル。そこには神戸市境界石がある。改めて番号を確認。やはり七十五号だろうと思う。しかし、三と五って判断が難しい。縦線は表面が削れているだけかも知れないし。まぁでも前後の距離的にやはり七十五号で間違いないだろう。さて、本日最後の確認事項へ向かう。


その前に鍋蓋山山頂へお立ち寄り。ここからの景色は好きだなぁ。今日はやけに海が青く見える。いつか月見山行してみたいと思っている。
さて再度越へ。ちなみにここから東に進んだ地点に神戸区の区界を示す石柱があって、その切れ込みの先に七十六号がある。


再度越、再度山の取付き地点に神戸市境界石七十七号。2年前に写真に撮っていたものの、すっかり忘れていた。いい加減だなぁ…。にしてもこの位置。地図で見る区界からはやや南にズレている。後年再度山への取付きの目印として移動させたのかもと思う。天辺の切れ込みも不鮮明。
いずれにせよ、ここから高雄山までは2本あることがわかった。また今度行ってみよう。

1 2

3

獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ森林公園まで。前のページ

夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  2. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  3. 神戸市境界石No.78 再度山山頂の北側にて。蛇ヶ谷右岸から…
  4. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  5. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。

ナレッジ記事

  1. 神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点につ…
  2. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  3. 菊水山周辺についての下調べ。
  4. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  5. 六甲山不法投棄とゴミ。神戸市環境局と六甲山美化協力会に問い合…

ピックアップ記事

  1. 廃道天神谷から支尾根に突入。五層燈籠と石碑群に出会う。
  2. 生田川流域廃ポンプ場巡りの下見。その後北ドントリッジを経て森…
  3. 苧川谷の杉尾谷右俣の滝から南の尾根へスイッチ。東山尾根を下る…
  4. 苧川西谷西道はやはり廃道か。
  5. 長峰山東面 六甲川右岸の谷を登り下り。連続小滝手前で見落とし…
  1. 長峰

    日柳川右岸支流の三又谷を登る。
  2. 摩耶

    桜谷道西の廃道 徳合道探索2回目。廃道はやはり廃道。
  3. 住吉・芦屋

    蛇谷北山南西の岩稜尾根を登り、南東尾根を下る。芦屋市最高峰周回。
  4. 住吉・芦屋

    住吉道から一部離れて川を溯行。本庄橋手前、森林管理道分岐から廃道田辺谷を登る。
  5. 菊水・鍋蓋・再度

    天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道はあるのか?
PAGE TOP