菊水・鍋蓋・再度

0

雨の日は裏山。天神谷東尾根から修法ヶ原池まで歩く。

2017年4月8日 土曜日。8:30起床。午前中はヒゲ脱毛に行き、RIKIでパンを買う。傘の出番はなかった。今日は先日買っていた登山靴の試し履きと行く。なるべく近場で済ませたい。近場ということで妻も「それなら行こうかな」だって。というわけで約4ヶ月ぶりのお二人様。


12:40 自宅を出て裏山へ。周辺ルートマップがあり、すぐ先に天神谷(ハンター谷)がある。


イノシシ柵を開けて山道に入る。小雨もあって足元はよろしくない。


4ヶ月ぶりということもあってか足取りが重いようす。しかし、こちらも慣れない靴…ちょうどペースが合う。


13:15 北野町方面への分岐地点を通過。ここらあたりでやや雨脚が強まってくる。少し先にあるベンチでしばし休憩。最後の丸太階段を登りきって進むと城山道に合流する。


試し履きしているのはザンバラン ドリューGTXの46サイズ。店舗で45サイズを履いてみたものの少々きつい…46の在庫はなく結局ネットで買った。う〜ん、45 2/3とかがベストだったかも…。インソールか靴下で調整が必要。残雪期にはややオーバースペックのような気もするけど…。アシッドグリーンが気に入ってしまった。


二本松バス停を過ぎて水平道に入る。足元をするするとヘビが通過。季節が変わったのを改めて実感する。


「ナラ枯れ被害防除作業くん蒸のお知らせ」があった。それによると…再度公園内において、森林病害虫の「ナラ枯れ」により枯損木が発生しており、被害拡大防止や公園内の安全確保のため被害木の伐採作業、燻蒸作業をしているとのこと。作業期間は3月27日までとあるけど、まだ続いているようす。


修法ヶ原池到着。貸しボート小屋手前の飛び石地点。1m以上干上がっていて石の下を歩けるようになっている。どうしたわけだろう?


14:18 神戸市バス25系統の冬季運休期間が終わって「森の四季」が営業していたので立ち寄る。びしょ濡れで寒いのでココアを¥250にて購入。ちなみに基本的に雨降りの時は店休となるんだけど、今日は午前中は曇りというわけで開けていたそう。閉店時間は25系統の最終便に合わせられているので、土曜日より日曜日は少しだけ長く営業している。


再度公園バス停まで歩いてきた。帰りのバスの出発時間までギリギリというのは把握していたのだけど…四季の森から途中走ろうとするも10kg(猫の砂×2)+慣れない靴では要領を得ない…結果目の前をバス(14:26発)が過ぎていった…。※写真は登りのバス。次の便は15:18。


50分近く待ち続けるのもなんだかなぁ…ということで、時間つぶしを兼ねて大龍寺まで歩いていく。なんだか妻は調子が出てきているみたい。生憎の天気だったけど、今日はお付き合いしてもらって感謝しかない。次の機会には芦屋から有馬まで20kg背負って歩いてみよう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  2. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  3. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  4. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  5. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…

ナレッジ記事

  1. 菊水山周辺についての下調べ。
  2. 布引貯水池管理橋の先にある謎のレンガ造りの建物について。
  3. 神戸市北区花山中尾台3丁目、阪神高速7号北神戸線下の「関係者…
  4. OSPREYバリアント37がリコール対象になる。2日後には新…
  5. 神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点につ…

ピックアップ記事

  1. 廃道天神谷から支尾根に突入。五層燈籠と石碑群に出会う。
  2. 焼小場谷(ナバ谷)を登って、最終右俣から長峰山頂天狗塚へ至る…
  3. 布引谷の集落跡と地蔵谷の遺構再探訪。地蔵大滝上流左岸の無名支…
  4. 猪ノ鼻の頭パノラマ道から長尾谷上流(竹谷〜淸水谷)遡行。記念…
  5. 苧川西谷西道はやはり廃道か。
  1. 摩耶

    青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。
  2. 住吉・芦屋

    寒天山道東の崩落斜面を見に行く。
  3. 遠征

    日本の秘境100選No.064 瀞川渓谷をゆく。兵庫県美方郡香美町村岡区
  4. 長峰

    六甲川遡行。大土神社脇から入渓、都賀谷上流右俣から丁字ヶ辻まで登り詰める。
  5. 住吉・芦屋

    西滝ヶ谷右俣から西お多福山。周遊歩道を西へ下って水晶谷から極楽渓岩塔状バットレス…
PAGE TOP