須磨・長田・兵庫

0

塩屋周回。旗振山西尾根から須磨浦山上遊園。句碑の細道を南に下って旧縦走路へ登り返す。

2017年6月25日 日曜日。11:00起床。外は雨模様。梅雨らしいジメジメした感じ。昨日の山行で疲れたので、たまにはのんびりしようかと思っていたら昼過ぎに雨があがった。というわけで今日も山に行く。今日は塩屋あたりを歩いてみようと思う。


14:14 山陽塩屋で下車。奥に見える山がこれから登る旗振山の西に伸びる尾根。六甲山系の末端といって良いかと思う。駅を出て東へ道なりに進む。


この先行きどまり案内があった。GPSを見ながらここを左に行ってしまう…。行き着いた先は宗教法人の土地らしく立入禁止。破線道を辿れず。またここに戻ってきて、右奥に進んでいく。


細い路地を抜けて行くと西向地蔵尊。この先は2本のコンクリ階段になっていて、左側が長谷ハイツへ、右側が山道に続いている。


早速分岐か?と思ったらこの分かれ道は先で合流していた。合流地点から北へ進路をとる。すぐまた分岐。尾根っぽい方と水平道。ここは水平道を進む。左手に廃屋らしきものがあった。


数メートル進んで左手。警告板があった。ここら辺りは「宗教法人世界救世教」の所有地とのこと。先程の分岐を尾根っぽい方に進むと敷地内に入ってしまうんだと思う。水平道で正解。


振り返って。写真の左奥から登ってきた。中央の幹にはどちらへ下っても「しおやえき」と私設と思われる標識が掲げてあった。右奥は法人の所有地に入ると思う。さて、翻って旗振山西尾根を進む。


よく整備されている道を進むと旧縦走路に出合う。六甲全山縦走路の道標もある。ここから右奥へ進んでいく。※ここには後でもう一回戻ってくることになる。


P179mには杭とケルン的な石積み。特にこれといった特筆事項もなく通過する。少し先に破線道の分岐があった。のちほど下る。


一箇所開けた地点があって、そこからは須磨浦山上遊園の観光リフトなどが見えた。


道なりに進んでいくと須磨浦山上遊園に入るかたち。ふんすいランドの脇を抜ける。縦走路は通しで歩いたことはないし、歴史もそんなに知らない。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  2. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  3. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  4. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  5. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…

ナレッジ記事

  1. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…
  2. 記録に残したかった「十王山光明寺 閻魔堂」。
  3. 菊水山周辺についての下調べ。
  4. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…
  5. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。

ピックアップ記事

  1. 坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山…
  2. 灘区六甲山町南六甲の崩落斜面を見に行く。前ヶ辻谷上流右俣から…
  3. 石楠花山南東 六百谷(仮称)を登り六百山を下る。
  4. 須磨と垂水の区界にある堺川を旗振山まで登り詰める。赤旗谷川を…
  5. 地蔵谷の大滝左岸支谷から天狗道を経て黒岩尾根の支尾根を登り返…
  1. 摩耶

    亀の滝第二砂防ダムの谷を登る。亀の滝もついでに見ておく。
  2. 摩耶

    二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  3. 住吉・芦屋

    阪急岡本から八幡谷遡行。ハブ谷を詰めて横ノ池の雌池まで。
  4. 摩耶

    青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。
  5. 裏六甲

    裏紅葉谷 七曲滝の向こう側を見に。裏紅葉谷第二砂防ダムから左俣で詰める。
PAGE TOP